シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】アメリカのとある中流家庭の夫婦に、一人の赤ちゃんが生まれた。 その夫婦は共働きなので、ベビーシッターを雇うことにした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

890: 本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 12:46:47 ID:vChhjYnI0
コピペの再録~「ベビーシッター」

アメリカのとある中流家庭の夫婦に、一人の赤ちゃんが生まれた。
その夫婦は共働きなので、ベビーシッターを雇うことにした。
そして問い合わせてみると、黒人女性のベビーシッターが紹介された。
その夫婦は黒人ベビーシッターを雇うことにした。

ある日、夫婦は「赤ちゃんをあやしておいてね」
と言って、仕事に出かけた。
その夜帰ってくると、食卓には巨大な丸焼きが載っている。
不審に思った夫婦が黒人ベビーシッターに訪ねると、その黒人女性はこう言った
”赤ちゃんはちゃんと「あやして」おきました”と。

その黒人女性は無学・無教養だったため「あやす」という言葉を取り違え、
不思議に思いながら赤ちゃんを一生懸命に「調理」したのである。

912: 本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:44:41 ID:R+OinvJn0
>>890
たぶん元ネタは「Headshrinker」だな。
南米の国に住む大使の妻が、現地人の黒人メイドに、熱を出した子どもを医者(Headshrinker)に診せる
ように頼んで出かけ、帰ってみたら首狩り族に干し首に(Headshrinker)されてたって小話。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク