シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【後味の悪い話】「零~刺青の聲~」「死者に会える」って伝説のある東北地方の幽霊屋敷で、死んだ婚約者の姿を目撃する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

65:本当にあった怖い名無し:2013/04/12(金) 23:59:29.25 ID:9RbsuF3Q0
ゲームの零シリーズの三作目「零~刺青の聲~」のストーリーが
後味が悪いと感じたので書く。

フリーのカメラマンのヒロインは二ヶ月前に婚約者を自分が
運転してた車の事故で亡くして塞ぎがちになっていたんだけど、
仕事に没頭する事でなんとか自分を保っていた。

ある日依頼を受けて「死者に会える」って伝説のある東北地方の
廃墟化した幽霊屋敷の撮影に訪れるんだが、そこで死んだ婚約者の姿を目撃する。
婚約者はヒロインを誘うように廃屋の奥へ消えてしまった。
その日以降、ヒロインは夢の中で幽霊屋敷の中をさまよう事になってしまう。

66:本当にあった怖い名無し:2013/04/13(土) 00:01:49.23 ID:9RbsuF3Q0
実はヒロインが夢の中で迷い込む幽霊屋敷は「眠りの家」と呼ばれていて、
都市伝説として語られている存在だった。
死者に強い執着心を持つ人が誘われて「眠りの家」に迷い込んでしまうと
いうものなんだが、夢を見続けると体中に刺青が広がっていくような幻覚
が見えるようになり、最終的には昏睡に陥った挙句黒い煤だけを残して蒸発してしまう。
(なお消えた後は眠りの家の中で悪霊になる模様)
しかもタチが悪い事に夢を見た人が夢の中で家族や身近な人を思い浮かべると
その人も誘われてしまう。

67:本当にあった怖い名無し:2013/04/13(土) 00:06:16.98 ID:9RbsuF3Q0
ヒロインは眠りの家で拾った幽霊を撮影すると撃退できるカメラを駆使して
婚約者の後を追いながら、眠りの家で過去に起こった悲劇と悲劇の原因を解き明かしていく。

最後は悲劇の原因になった女幽霊(ラスボス)を成仏させた後、あの世に渡ろうとしている
婚約者の幽霊と再会するんだが、ヒロインが「一緒に行きたい!」と懇願するも、婚約者に
「生きてほしい」と諌められて別れたところで目が覚めて終わり。

68:本当にあった怖い名無し:2013/04/13(土) 00:08:43.60 ID:qldnU/m20
自分が後味が悪いと思ったのが
①眠りの家はラスボスを倒しても存在しつづけるため、
今後も迷いこむ人は出てくる
②眠りの家を徘徊している霊達が成仏したかどうかの描写が無い
③刺青はラスボスを倒しても消えない
(ヒロインは婚約者に刺青の呪いを引き受けてもらったような描写はある)
④一応エンディングは二つあるけど、準主人公の男と二作目の主人公が
死亡するor生存するかどうかの違いだけで、ヒロインが婚約者についていく
エンディングが無い

っていう点だった。

69:本当にあった怖い名無し:2013/04/13(土) 00:18:00.95 ID:qldnU/m20
※補足、準主人公の男はヒロインの婚約者の友人で、零シリーズ二作目
紅い蝶のヒロイン(以下M)の母親の弟。

Mが双子の電波な姉を殺害してしまった罪悪感(姉が望んだ事であり、不可抗力)
に捕らわれて眠りの家に誘われてしまったため、なんとか助ける方法を
探しているうちに、Mが彼を夢の中で思い起こしてしまったので、
彼も眠りの家に誘われてしまった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク