シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】治安の悪い街にて「きみ、なにしてんの? なんかあったん?ちょっと君、こんな時間になにしてるんや?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

460: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 01:45:39.00 ID:lWGyTk5y0
数年前、ちょっと治安の悪い町に住んでいた。

ある日、深夜にトイレに入ると、トイレットペーパーが切れかけていた。
そんな町だから夜間に外出したくはなかったけど、徒歩10分ぐらいのコンビニに、急ぎ足で買い足しに行った。

買い物を済ませて、住んでいるマンション前に到着したときのこと。
マンションを囲っているフェンスの前に、誰かが座っているのが見えた。
行くときにはいなかったし、かなり警戒しながら近づくと、セーラー服の女の子。
フェンスを背にしてお山座りで、俯き気味で髪も長いから表情が全く見えない。
気味悪いけど、幽霊とかは信じてなかったし、時間も時間なので近づいて話しかけてみた。

「きみ、なにしてんの? なんかあったん?」

返事がないどころか、反応も一切ない。寝てるのかなと思って、もう一度話しかけようとしたとき。

「ちょっと君、こんな時間になにしてるんや?」

背後から唐突に声をかけられて、情けない声が出たことを覚えている。
振り返ると、警察官が自転車に跨ったまま、自分を凝視していた。
なるべく普通に見えるように、「いやね、なんかこの子が……」って、説明しようと思ってフェンスに向き直ると、誰もいない。
びっくりして辺りを見渡したけど、やっぱりセーラー服はどこにもいなかった。

どう考えても言い訳できない状況で、そこから職質。
応援の警察官が来たりで、なんだかんだ小一時間は拘束された。
解放されたときにはへとへとで、眠気もピーク。
やっとこさ自室について、さっさと眠ろうと思って上着を脱いだ瞬間に、なんか違和感。
反射的に床を見ると、長い黒髪が数本、落ちていた。

その後、特に何かが起きたり、またあの子を見たりはしなかった。
もちろん、床に落ちていた毛があの子のものという確証もあるわけじゃない。
ただ、霊感が一切ない自分にとって、人生で唯一の不思議体験という感じです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク