シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】半年だか一年くらい前に爺さんが死んだんだがその死に目がかなり特異だった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

301: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/14(日) 23:51:47 ID:vAEmUy2EO
半年だか一年くらい前に爺さんが死んだんだがその死に目をかなり特異な物と記憶していたのだけれど、叔父さんからそれにまつわる話が聞けたので書こうと思う。
俺の爺さんてのは明治の頃に生まれた人だった。元々名家だったんだが成人して
三十路に手前、と言うところで従軍し、軍艦乗りになったらしい。

元々、山あいのではあるが一望できる丹沢山塊は全て一族の土地だったらしい。

話は移民だった一族が名家となった所以と言う所まで遡る。
俺の一族と言うのは言伝なんかを生業にしている間者みたいな存在だったらしい。
流浪の民みたいなもんではあるんだが、土地土地に親戚と銘打った組合いがあっ
て政治上簡単に転居を許されない時代柄これを隠れ蓑にして、色々な土地を渡り歩いていたらしい。

というのも、当時往来していた密教に端を発する坊主を祖とした宗教屋が家の分
家だったらしい。

時代はかなり流れて、庄屋の一族を取り殺した所でうちの一族が跡目についたよ
うだ、元々組合の頭なんかを親戚同士でつとめていたのと、密教側の人間が地元の大名に圧力をかけてうやむやにしたらしい。

もともとの庄屋はかなり強つくな徴税をしていたから色んな方面からも望まれた
形ですんなりいったらしい。
同じ教団の多方面からは圧力がかかったみたいだがこれについては割愛する。

とういうかここまででも東京で何にも知らずに暮らしてた俺には俄かには信じら
れない話ではあるんだが幼少に体験した話だのに符号するので、結局合点した訳だ。

.

302: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/14(日) 23:56:54 ID:vAEmUy2EO
爺さんの話の方なんだがいわゆる家督の男には代々「力」を備えていたそうだ。

血を薄めない為に一族内での婚姻が常だったらしく長男以降は間引きと言うか供
え物にされて女の方はこの板に来る人なら皆知っているだろうけど壺毒を使役する役割だったらしい。庄屋の一族を取り殺したのはこちらの力だったらしい。

そんでもって家督が代々受け継いでいるのが「不幸を身に受ける」力だったそうだ。

戦後を経て今や只の地主なんだけどね。今の家督である伯父さんに聞いた不思議
な話だ。

伯父さんは妄信だろうと笑っていたんだけど。現に兄弟亡くして三人目の家督であり
息子を運転していたトラクターに巻き込んで亡くしている人の話は笑えなかった。

308: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/15(月) 00:20:02 ID:08BPXlOc0
>>302
つーか、代々長男以外は殺されてたんなら、従姉妹もいないわけだよな。
どうやって一族内で結婚させるんだよ。

314: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/15(月) 00:39:10 ID:1pBghxGPO
>>308
一族だの分家だのに語弊があったのかも。
一族と言うのは同じ生業の集団で僕は祖父とそのあたりの分家しか知らないのですが、他の地方にも同じような家があるのかもしれません。
分家というのは親戚同士をお互いを屋号で呼び合うんです。
屋号の長男同士が他の屋号の女衆に子を生ませるわけです。

うちの屋号を継いでいくのを本家、他の屋号を分家と呼んでます。

指摘された通り何故家督以外に男がいないのに家系が途絶えなかったのかは今度聞いてみます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク