シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】聞いてくれ、最近彼女と別れたばっかりなんだが、俺の身の回りがおかしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33
過去の人気記事

312: 本当にあった怖い名無し 2009/10/25(日) 12:50:06 ID:HOsNK71/0
聞いてくれ、最近俺の身の回りがおかしい。
俺は霊なんか信じちゃいないが、実際これも霊の仕業なんて思っちゃいないけど。

最近彼女と別れたばっかりなんだ。
それも円満に別れたって言ったら変だが、まあ俺も学業に力入れたいし、その彼女と
遊んでる時間があるんだったら、自分の時間に費やしたいし、
それも2ヶ月前に彼女が浮気したんだな、それもあって、こんなやつに時間と金費やしてるのもばからしいと思ってさ、別れたんだ。
彼女も自分に非があるのくらい解ってるから、「解った、でも友達でいようね」って
そりゃさらっと言われたわけ。
あいつもあいつで浮気相手とまだ関係あるんだろ、「ラッキー」とか思ってたんだろうな。

しかし、それからだね。
俺の部屋はとにかくシンプルだし、几帳面な性格もあってどこに何があるかって大体把握できてんの。
「あれっ、○○がねぇな」っていう事がそれから何度かあったんだよ。
友人に言えば「そんなの毎日だよ」って言われるけど、俺にとって場所が把握出来てないものって
そんな無いわけ。部屋も狭いしさ、あるもんだって少ないだろ。
とにかく見つからない。

で意外な場所からぽろっと出てくるわけ!
実際「おかしいぞ」って思い始めたのが、ある一件からで。
ま、ここで最初に言っておくけど、俺ずっとある中華屋でバイトしてて、料理長やってるんだな。
個人的にも料理って嫌いじゃないから、包丁とかも結構いいのを揃えて自宅でも練習兼ねて作ってる。
そのうちのな、
1個の中華包丁が見つかんないんだよ!
大根とかカボチャもターン!って1回で切れるやつな。

「おい絶対、俺ここに置いたぞ」って確信できた。
それなのにみつからねーってどういう事だよ。
俺にとっては必需品だし、それも結構高かったからさ、必死になって探して…
見つかったんだよな、結局。
まあ、その場所っていうのが「異変」をもろに感じられる場所でさ。

315: 本当にあった怖い名無し 2009/10/25(日) 13:22:58 ID:HOsNK71/0
俺の机の頭上にある棚の上。

.

それもかなり不安定な状態でな。

おかしいだろ!台所のどこかなら解るが、椅子でも使わないと届かない棚の上
になんて置かないだろ。
それが決め手だったね。「絶対おかしい」って。
ハサミが鉛筆立てに刃を開いた状態だったり、お箸立ての中に果物ナイフとか。
もう殺意感じるだろ。

俺さ、「絶対別れた彼女だ」って思って。
合鍵は渡しちゃいないが、大家さんの顔は何度も見てるし
とにかく鍵なんてどうにでもなるだろ。
まあそれで、しょうがないから彼女に電話かけたわけ。

俺もへたれだから、「お前今度家来たら闇討ちにするからな!!」とも
言えないし、「おー元気ー」ってとこから始まって「最近どう~」って、
まあこうなだらかに確信に迫っていったわけ。
で「お前さ、最近家の周りとか…来てる?」って言ったら
「行ってないよ。あんたと会わないのに行く意味が無いじゃん」と。

まそりゃ意味なんて無いけどさ。
でもほんっとーに、なんかおかしいぐらいさっぱりしてるわけ。
お前さ、いくら浮気してたって3年付き合った相手と別れたんだぜ。
何かしら言う事無いのかよ、って個人的には思ったんだけど。

まぁとにかくそれで彼女との会話は終了したんだけど。
でもさ、ぜってー誰かが入ってる事は間違いねぇんだよ。
まず俺が休みの日とかは起こらない。俺が出かけている時に起こっている事実…

ほんと何なんだよ。
意味わかんねーんだよ。何故か教えてくれ!

316: 本当にあった怖い名無し 2009/10/25(日) 13:50:27 ID:SCdHZT/p0
>>315
管理人に聞くとか、監視カメラ置いてみたりとかは? 逆に入ってきたかわかるように罠しかけて置くのもいいかもよ?

319: 本当にあった怖い名無し 2009/10/25(日) 14:07:21 ID:2MUsilXuO
>>315
こえええええええええええええええええええええええええええええ
明らかに幽霊じゃねえよから余計怖いよソレ

320: 本当にあった怖い名無し 2009/10/25(日) 15:24:17 ID:C4Nl/3IK0
>>315
鍵変えれば?

318: 本当にあった怖い名無し 2009/10/25(日) 13:54:04 ID:cpW0PwwrO
生き霊の仕業かもよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク