シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】「こ」「い」「つ」「こ」「い」「つ」「こ」「い」「つ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

32: 1/2 2010/07/15(木) 15:15:07 ID:dLTwWeNW0
お母さんが子供の頃、放課後の学校で
友達2人と一緒にこっくりさんをやったらしい。

○○ちゃんの好きな人は誰ですか~?とか
適当な質問をして遊び、いよいよオシマイにするとき
「こっくりさんこっくりさん、お帰りになってください」と進行役の友達が言うと
十円玉は「いいえ」にとまってしまった。

しかもそのままグルグルと鳥居を回りだし、
「かえらない」「しね」「いけにえよこせ」
などという言葉をいくつも示した。

でもお母さんは、どうせ自分以外の友人2人のどっちかが
驚かそうと思ってやってるんだろうと思い、こう質問したそうだ。

「こっくりさんこっくりさん、いけにえは私以外の2人のうち、どちらかにしてください」

お母さんの名前はアケミ。友達の名前はタマコとナツエ。
ナツエはすぐに「そんな、ひどいよ!」と怒ったそうだけど
タマコの方は「ふぅ~ん…じゃあこっくりさんの返事を見てみようよ」と余裕そう。

.

この反応から、きっと十円玉を動かしているのはタマコだろうな、
そしてきっと「アケミをよこせ」と言ってくるだろうな、とお母さんは思った。

33: 2/2 2010/07/15(木) 15:15:49 ID:dLTwWeNW0
鳥居の周りでグルグルと思案をしているような動きをしていた十円玉が、
ずずっ、ずずっ、と文字へと動いていったそうなのだが、
やはり「あ」を目指しているのが明白だった。
タマコも
「【あ】にむかってるから、イケニエはやっぱアケミだね~~~。あははは!」
と意地悪そうに笑った。

そこでお母さんは、
「こっくりさんこっくりさん、この十円玉を動かしている人はだれですか?」と声をかけた。

するとズズッ、と動いていた十円玉がピタッと止まった。

そして突然タマコが席を立ち、頭を抑えて「い、いたっ、いたいいっ」と騒ぎ出したんだって。
お母さんはすぐタマコに駆け寄って、なに?どうしたの?と様子を伺ったんだけど
机の上では真っ白な顔をしたナツエだけが10円に指をつけたまま
振り回されるようにひたすら同じ文句を繰り返していたそうだ。

「こ」「い」「つ」「こ」「い」「つ」「こ」「い」「つ」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク