シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】鎌倉時代後期の日本。腕の立つ武士のもとに、「最近、夜になると村を不気味なうなり声を発しながら徘徊する怪」の退治依頼が来た

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

42: 本当にあった怖い名無し 2010/07/15(木) 19:09:56 ID:LgbTcNYyO
昔むかし、正確には鎌倉時代後期の日本、今でいうところの岩手に大変腕のたつ武士がいた
ある日彼のもとに一人の男が尋ねてきた
「最近、夜になると村を不気味なうなり声を発しながら徘徊する怪が出る」そしてそれを退治してほしいと
姿を見た者もおり、それは身の丈およそ七尺、赤く光る目、鋭い牙が月明かりに照らされ
不気味に輝いていたという
また、一目でも見たものはさらわれ食い殺されるのだと言う
ふと思い武士は尋ねる
「一目見ただけで食い殺されるのなら、容姿を知るものは居ないはずではないか?」
男は言った

.

44: 本当にあった怖い名無し 2010/07/15(木) 20:03:50 ID:o8sXtAupO
乙!>>42
ナルホロ確かに!
これは現在の怖い話にも言える事だね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク