シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】とあるみちのくの雄藩に、平凡ではあるが家族に囲まれ、幸せな生活をしている侍がいた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

456: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 13:18:49.40 ID:ObZjCSLC0.net
昔聞いたオチのない昔話

とあるみちのくの雄藩に、平凡ではあるが家族に囲まれ、幸せな生活をしている侍がいた
ある日、その侍は口の中に一匹の蝶が飛び込んで来て、それを飲み込んでしまう夢を見た
その夢を見てからすぐ、その侍の妻や娘、まだ小さかった息子までが次々と死に絶えてしまった
一人ぼっちになった侍は次第に塞ぎ込むようになり、遂には門を閉じて誰とも会わぬようになったという

ある日、心配した友人たちが侍の屋敷を見舞ってみると、侍は布団の上に仰向けに倒れて死んでいた
大きく開いた侍の骸の口からは、無数の白い蝶が何匹も何匹も飛び立っていたという

本当にオチのない話


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク