シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】銀行やらヤクザやらから電話がかかってくるようなバーのママの人生を垣間見たようで…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

220: 本当にあった怖い名無し 2014/10/22(水) 10:23:13.40 ID:2Pad6OH50
朝からスマホに着信お知らせのランプが点いている。
確認すると、着信時刻は昨夜22:23。確実に起きていた時間だし、それ以降もスマホを触ってる。もしかしたらその時刻も触ってたかも知れない。
不思議な事もあるもんだ。通知不可能という発信元も気になったけれど、過去にも会社の固定電話からの場合、そうなる回線もあるって知ってたから、間違い電話のたぐいだと気にしなかった。
それから毎日、朝になると着信お知らせのランプが点いてる。時刻も同じ22:23。
気持ち悪いけど、呼び出し音もならない訳だから、どうにも出来ない。
そうこうしてる内に、一週間が過ぎた。

221: 本当にあった怖い名無し 2014/10/22(水) 10:24:14.79 ID:2Pad6OH50
そして、少しだけ変化があった。22:23に一瞬だけ着信画面になりかけて消える。
それからさらに一週間、呼び出し時間が少しずつ伸びているんだろう、一瞬だけ着信画面が出るようになった。ただし、取れるか取れないかの微妙なタイミングで切れる。
そして、ついにその日はやってきた。スマホの画面とにらめっこしながら、22:23を待つ。通話のタップ位置に指を構え、着信を待つ。
準備していた甲斐があって、ついに電話は繋がった。
若い女性のかすかな声「ともくん…ともくん…」
女「痛いよぉ…迎えに来てよぉ…」
俺「あの、多分間違い電話だと思いますけど…」
女「…ともくんじゃないの?」
俺「いや、違いますね。野村って言います」
女「すいません…間違えました…」

それきり、夜の不在着信は無くなった。
それにしても、約三週間コールし続けたあの女性は、どんな状況だったんだろうか?

228: 本当にあった怖い名無し 2014/10/22(水) 21:44:06.29 ID:n/E4NF+A0
>>221を見て思い出した、自分的にはほんのりだった体験。

今から十数年前、嫁ぐのをきっかけに携帯を変えた。
当時は番号持ち越し?が無く携帯会社を変えるのと一緒に番号も新しくなった。
困ったのはそれからしょっちゅう間違い電話がかかってきたこと。
たいていは『あ、○○さん?』『違います』で終わる。
が、ある時『あ、ママ~?今日行くよ~♪』とオジサンの声。
どうやら前この番号を使っていたのはバーのママだということがわかった。
その時も『人違いですよ』と教えたけどその後も間違い電話はあった。
ある時は銀行から『○○さんの携帯ですか?』といつものバーのママを尋ねた電話が来たので、
自分は最近携帯を変えてこの番号になったのだが○○さんではないと返事をした。
ぼちぼち対処しないと面倒だなと思い始めた頃にまた間違い電話。
出た途端『おい、○○…』とドスの効いた男の声。
この時も自分は携帯を変えて先月からこの番号を使っている者で、○○さんではないですと説明したのだけど、
この後時間を見つけ携帯屋に文句を言いに行き、番号を変えてもらうことができた。

銀行やらヤクザやらから電話がかかってくるようなバーのママの人生を垣間見たようでほんのりした。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク