シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】バイト先のスーパーに一人の男性が入ってきました。「いらっしゃいませー」と挨拶し、その人のをふと見た瞬間、 凍り付きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

662: 1/2 04/09/10 00:02 ID:yGpirn46

僕が高校生の時のことです、アルバイト先のスーパーでいつものように
レジにつったっていると、近くの入り口から一人の男性が入ってきました。
「いらっしゃいませー」と挨拶し、その人のをふと見た瞬間、
凍り付きました。
身長推定185㎝、体重同じく90キロ、スキンヘッド、白いスーツ、サングラス。
人を見かけで判断しちゃイカンとは思いますが、
これは、なんて言うかその…どう見ても…
そのまま男性は店の奥に入っていきました僕はただただ
「せめて隣のレジ使って下さい!」と祈るばかりです。
隣のバイト君と目が合いました。気まずい。
数分後…
祈りは通じず。男性は真っ直ぐ僕のレジに歩みより、インスタントの
ご飯や納豆、雑誌などが入ったカゴを台に乗せました。あぁこうなったら
無事にレジを終えなければ。
それから十数秒間の長いこと長いこと。僕は迅速丁寧かつ整然と
商品をレジに通しました。レジ打ちの鑑です。コンクールがあったら入賞です。
途中でビールの缶が手を滑り落ちそうになったときは背筋が凍りました。
男性は無言です。当たり前だけどコエーヨーコエーヨーコエーヨー。

663: 2/2 04/09/10 00:04 ID:yGpirn46

さあ全ての商品を通し終えました。お会計も済ませました。
あとはカゴに袋放り込むだけです。
安堵しつつ足下にある袋に手を伸ばそうとしたその時!
「あー」と、私に声をかける男性、右手が…胸ポケットに…
脳みそがやけそうになる程の恐怖を感じる私。
(強盗!拳銃!死!ちょ、ちょっと待てちょっと待ってちょっと…)

「袋ありますからいいですよ」
男性は胸ポケットからビニール袋を取り出し、カゴに入れると
出口近くの、荷物を袋に詰めるカウンターに去っていきました。
「ぁりがとぅぐぉざぃましたあぁ~」意識が微妙に遠のくのを感じながら
私はそう言いました。

それからあの男性が訪れることはありませんでした。
しかしあの人は「見た目が異常に怖い普通の人」だったのか
「エコロジカルなヤクザ」だったのか未だにわかりません。
どっちにしろ納得いかないような…
これが僕の経験した一番怖かった話です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【洒落怖】バイト先のスーパーに一人の男性が入ってきました。「いらっしゃいませー」と挨拶し、その人のをふと見た瞬間、 凍り付きました。』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/08/17(木) 18:03:41 ID:b84f00c41 返信

    そこまで怖がらなくても