シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】夜中にバス停の待合所を通りかかった時、人の姿があった。 白い服着た長い髪の若い?女の人が中で座ってた。もうバス来ないのに…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

594: 本当にあった怖い名無し 2006/03/25(土) 02:22:26 ID:UPTKgMAG0
ありきたりだけど、俺の恐怖体験を書きますね。

一昨年の夏のことなんだけどさ。
いつもどおりバイト終わらせて自宅に帰ってるとこだった。仕事終わったのは22:30頃だな。
その日はすごい雨だった。
傘忘れてたから濡れながら自転車のってたんだけど、それでもいつも通りキョロキョロしながら帰ってたんだよ。
自宅近くの小さいバスの待合所通った時、待合所の方見たら人の姿があった。
白い服着た長い髪の若い?女の人が中で座ってた。23:00時くらいだと思う。
田舎で23:00って時間だとバスなんてもう来ないし、何ヶ月も同じ時間の同じ道通ってもそんな人を見たのは初めてだった。
家についてからもその人の事が気になったから、傘もってそこに行ってみようと思った。
夏だったけど、大雨のせいか少し寒かったような気もする。でも湿度もすごくて涼しいとは思えない。そんな感じの日だったから、そこにいた人が心配になったのかな。
最初はなんでもなかったんだけど、100mくらいの距離になってから急に鳥肌と寒気を感じた。
近づくにつれてどんどん強烈になって、50mくらいに近づいた頃には体中の毛が逆立つ感覚を覚えた。
多分を恐怖を感じてたんだと思う、30mくらいのとこから目を凝らして待合所の中を覗いてみた。
帰り道でみた時は中の様子が見えたんだけど、その時はどうしても中が見えなかった。
そこからどうしても1歩踏み出す勇気が無くて帰る事にした。
待合所に背を向けたときから寒気鳥肌、毛の逆立ちはなくなった。なんとなく全速力で走って帰ったよ。

その後も数ヶ月同じ道・時間で帰宅してたけど、そんな人は見てない。
後で考えてみると部屋の中が薄く光ってたような気がする。ケータイとかの明かりではないと思う。部屋全体が薄い明かりが掛かってるって感じだったし。ちなみにそこ蛍光灯とかはない。

結局それが幽霊なのか人なのかはわからなかったけど、自分の身体があそこまで異常を感じたのは初めてだった。

597: 594 2006/03/25(土) 02:37:58 ID:UPTKgMAG0
そうだ。補足するなら
俺の視力は小学の頃から2.0オーバーで、かなり良いほう。
んで暗いところにいってもすぐ目は慣れる。
そんなわけで自転車にもライトはつけてないし、大雨降ってたその日も明かりに困ることなく自宅まで帰れたよ。
後の待合室が異様に暗かったと思う。

607: 本当にあった怖い名無し 2006/03/25(土) 16:33:33 ID:UPTKgMAG0
霊感なんてものを微塵も持ってない俺が体験した事なんだが、
長いうえに余り怖くないかもしれないけど聞いてくれ

小学校5、6年くらいの夏の話

うちの学校は夏と冬に同じ集落の生徒同士でそれぞれイベントをやってるんだが、
その年の俺の集落のイベントは肝試しに決定した。
コース自体は簡単で街頭のない道の先に置いてある何か(忘れた)を取って来るってので、
俺は高学年という事で主催側で脅かす側だったんだよ
俺の仕事は布みたいなのを被って自作のきもい仮面をつけて、
来た人に大声を出して迫って顔に血のりをつけるだけの簡単なものだった。

そして肝試しが始まって最初のペアが談笑しながら近づいてきたんだよ
しかし俺の隠れ方が甘かったようで飛び出す前に
「あー、あそこなんかいるw」「本当だw A君(俺)達かな~?」とか言ってて、
俺は、あちゃ~^^;見つかった。って気持ちだったんだけど、
しょうがないからそのまま「あ”あ”あーーー」とか言う声だして走って行ったんだけど
案の定怖がらないわけで(´・ω・`)となりました。
そしたら最初に俺に気付いた方の子が「あれ?今B君(友達)とかと隠れてたんじゃないの?」とか言い出して
俺は「そこに隠れてたの俺だけだけど」って言ったら、
その子が「じゃぁ、さっきA君に被さってたの誰?」とか言うわけで
幽霊なんて感じた事も無い俺は逆に怖くなってきて「見間違いじゃね?」って言ったんだけど頑なに否定する。
もう1人のペアの子は俺の後ろのなにかは見えなかったらしい(気付かなかったのかもしれないが)
俺は怖かったがとりあえずその後全員こなしてその日の肝試しは終わった。
最初の彼女の他にそれを見た人はいなかったが、今でも見間違いではないという
霊体験0の俺としてはほんのりだった


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク