シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時を止めたがる男

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

639 :師匠と八番目の弟子 ◆JuhF/R5.eU:2010/03/06(土) 03:49:49 ID:gVvn6InEO
夜中に電話で起こされたorz
何かの縁だ、その電話の主関連の話をしよう。肩が重い…


これは師匠と出会って1ヶ月位。まあ去年の秋頃の話。
師匠とはまだ師匠と弟子の関係で、気の修行や憑いたモノを払って貰っていた。
じつは師匠と出会う前から(夏頃、3ヶ月前から)、変な現象に悩まされていた。
お守りや腕時計が、突然弾け飛ぶという現象と歩いていたら車道に引き寄せられるという現象。
まぁ最初の内は不良品や偶然と思っていたが、時計が3つ、お守りの数珠のブレスレットが3つ、計6つが壊れ、車に引かれそうになり、師匠に助けて貰った事が頻繁にあった。
車はともかく(?)、いくらなんでも3ヶ月の内に6つも壊れるのはおかしい。しかも買って3ヶ月も経ってなかった。
困り果て、師匠に相談した所。
『お前の時を止めたがっているやつがいる。男が憑いてるぞ。』
どんな容姿か聞いた所、愕然とした。
師匠があった事もない、元彼の容姿そのもの。勿論、元彼がどんな人だったかもその時は教えてない。
前々から師匠は、教えてもない祖父や友人などの容姿や雰囲気を言い当て、私を驚かせていましたが。
師匠があった事もない、元彼の容姿そのもの。勿論、元彼がどんな人だったかもその時は教えてない。
では何故元彼が私に取り憑いてるのか?
思い出したのは彼の口癖。
『今の容姿のお前が好きだ。時間が止まって欲しい位だ』
初めは一目惚れで付き合いましたが、ナルシシズムの強さと性格があまりよろしくなかったので、殆ど連絡をとっていなかった。だが彼はまだ未練があるのだろう。
どうすればいいか師匠に泣きついた所、
『彼にはっきり別れを告げろ。』
元彼に私は怯えていたが、師匠の手伝いもあり、別れを告げてからは怪現象は無くなった。
だが、今でも元彼から連絡があったりすると、お守りが壊れたり、肩やお守りが重くなる事はよくありますが。
長文失礼しました。おやすみです。…肩が重い(苦笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク