シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】神社でかんけりとかドッチボールとかして遊んでいたのだが、時々、神社の倉庫 の裏からおれたちを見ている子がいた。年齢は5歳くらいの女の子で、服はいつも ボロボロでサンダルをはいていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

182: ヨルム 1/2 04/06/14 11:17 ID:vEUpbE6f
おれが消防高学年の頃、ホタルの舞うような田舎の集落に住んでいて、集落の北
側には小さな神社があった。
神社にはちょっとした広場があって、錆びた遊具とかあったりした。
そこでかんけりとかドッチボールとかして遊んでいたのだが、時々、神社の倉庫
の裏からおれたちを見ている子がいた。年齢は5歳くらいの女の子で、服はいつも
ボロボロでサンダルをはいていた。
その子はおれたちが帰る時間まで、そこにいて、帰り始めるといなくなっていた。
あるとき、おれと数人の友達でその子のあとをつけてみた。帰る振りをして、すぐに
倉庫の方へ行って、倉庫の裏からつづく道に出て、その子のうしろをつけてみた。
道は舗装されていない、人が二人並べるくらいの道だった。やがて道は森に抜けて
獣道になっていた。

183: ヨルム 1/2 04/06/14 11:32 ID:vEUpbE6f
しばらく獣道を進むと、突然、その子の姿を見失った。
スーと木陰に消える様な感じだった。
おれたちは、その子が消えたあたりを探したが、見つからない。
そしてもう少し先に進むと、獣道のわきに電信棒が建っているのを見つけた。
電信棒は木で出来ていたが、もう根元は腐っていて、しかも電線は通っていな
かった。
そして、その電信棒より先に古びた瓦葺の家があった。
おれたちはビビリながらもその家に行ってみた。
玄関の戸は半開きの状態で傾いていて、中は、腐った天井の隙間からさし
込む光で、薄暗いようだ。
半開きの戸から中を除くと、そこはいまにでも朽ち果てそうな家で、土間
から先に部屋が見えたが、そこには倒れた家具や、傾いたちゃぶ台があっ
た。生活の感じられないその家を見て、おれらは怖くなって、あわててそ
の場所から逃げ帰ってきた。

おれたちはその後、大人にあの場所のことを聞いたが、それによると、
あそこはナガレバサンという集落で、もう数十年以上昔から人が住んで
いないとのことだった。

184: ヨルム 04/06/14 11:35 ID:vEUpbE6f
あ、その日から後、その子は現れなくなったんだ。
おれたちのことに気付いていたのだろうな。
今は、そこに続く獣道は草と木でふさがっていて、獣道自体消滅している
感じらし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク