シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】資材倉庫の前に着き、真っ暗闇の中、ヘッドライトを頼りに車を降りる。 いきなり突んのめった。 足首が何かに引っ掛かったのだ。 何とか転倒は堪えると足元へ目を向けた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

210: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/08/17(月) 20:39:42 ID:LX3svn7S0
仕事仲間の話。

彼の勤めている会社の資材倉庫は、奥まった山中にある。
一日の終わりにチェーンを掛けるのが彼の日課だ。
その夜も施錠するために、夜遅く山奥へ車を走らせた。

倉庫の前に着き、真っ暗闇の中、ヘッドライトを頼りに車を降りる。
いきなり突んのめった。
足首が何かに引っ掛かったのだ。
何とか転倒は堪えると足元へ目を向けた。

今降りたばかりの車体、その下に白い物がスルリと吸い込まれていくところだった。
どう見ても人の腕だった。

慌てて車体と地面の間を覗き込んだが、そこには誰もいなかった。
チェーンと鍵の支度をする間、ひどく心細かったという。

次の日早速、センサーで自動点灯するライトを倉庫に設置した。
「明かりが無くて暗いから、変なモノが出るようになるんだ」というのが彼の言だ。
その甲斐あってか、その後はおかしなモノは現れていないそうだ。

211: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/08/17(月) 20:41:40 ID:LX3svn7S0
山仲間の話。

仲間内で修験者の話をしていると、彼が割って入ってきた。
「○○山の奥には今でも修験者がいるよ。
 ホント、ホントだってば。
 小さな頃から何度も見てるんだ。
 あそこの森を歩いていると、ヤーッ!て掛け声が聞こえてきて、すぐ横手の樹の
 上をザァッと、飛ぶように走り抜けていく人影があるんだよ。
 走りすぎた後からハハハーッ!って笑い声が聞こえてくるんだ。
 とても人が乗れないような細い木の枝だって、問題なく走り渡っちゃうんだぜ。
 マジ凄いよな、修験者」

何となく「それ修験者じゃないんじゃないの?」と思ったが、意見はせずにおいた。
後で確認したところ、居合わせた他の皆もそう考えていたのだという。

ちなみに彼によると、つい最近も樹の上を走る修験者?の影を見掛けているそうだ。

227: 本当にあった怖い名無し 2009/08/18(火) 07:25:27 ID:6zZ2leXr0
>>211
天狗だよね…

233: 本当にあった怖い名無し 2009/08/18(火) 12:04:38 ID:XZgFzNMZ0
>>211>>227
まあ、天狗も諸説あって、元は驕った修験者だとか、鳶や烏だったという話もあるよね。

212: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/08/17(月) 20:42:56 ID:LX3svn7S0
同業者の話。

道路工事をしていた時のこと。
土場として借りていた空き地のすぐ横に、小さなゲートボール場があった。
休日には老人たちで賑わうらしいが、平日は誰もおらず静かなものだった。

そんなある日の夕暮れ、土場にいると隣からボールを打つ音が聞こえてくる。
目をやったが、競技場には誰の姿も見えない。
ただ仕舞い忘れたボールが一つだけ、コロコロと転がっていた。

作業に戻ろうとすると、再びカンッと叩く音がして、ボールが独りでに転がった。
出来るだけそちらを見ないようにして、土場を後にしたそうだ。

後日、そこの老人会でその話をしてみた。
「知ってるよ。ワザとね、球を一つだけ出しっ放しにしてるんだ」
にこやかにそう言われた。

あそこで楽しんでいるのは、老人だけじゃないのかもしれない。
そんなことを考えたという。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク