シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】「僕の叔父さんは木樵をしていたけど、時々おかしなコトがあったっていうんだ。  木を切り倒す時には『倒れるぞー!』って下の方に向かって叫ぶらしいんだけど、  これが誰もいない筈の上方から聞こえてくることがあるんだって」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

253: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/08/19(水) 20:44:45 ID:k+DmDYFl0
アメリカ人旅行者に聞いた話。

「僕の叔父さんは木樵をしていたけど、時々おかしなコトがあったっていうんだ。
 木を切り倒す時には『倒れるぞー!』って下の方に向かって叫ぶらしいんだけど、
 これが誰もいない筈の上方から聞こえてくることがあるんだって。
 声に続いてミシミシドーンッて、木が倒れる音が響いてくる。
 慌てて頭を抱えて逃げ出すんだけど、何処からも倒れてくる木なんてない。
 目をパチクリさせてる叔父さんが、一人森の中に立ち竦んでいるだけ」

「でも、『どうせまやかしだろ』って無視するのも拙いんだって。
 そんな時に限って、本当に倒れてくる木があるんだとか。
 『誰の仕業かわからないけど、木樵が慌てふためくのが見たい輩なんだろう』
 叔父さんはそう言ってたよ」

「でも叔父さん、その山での仕事は好きだったって言ってたな。何でだろ?」
彼はそう言って不思議そうな顔をしていた。

254: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/08/19(水) 20:45:35 ID:k+DmDYFl0
ブラジルからの留学生に聞いた話。

「私の住んでいたのは山中の小さな村でした。
 夜になるとですね、奥の方から音が聞こえてくるんですよ。
 コーン、コーンっていう、木を切り倒そうとする音が」

「度胸のある人がいて、ある夜確認しに山に入ったんです。
 でもその男の人、夜が明けても帰ってこない。
 村の男が総出で探したところ、森の中で死んでいたんですよ。
 外傷とかが見当たらなくて、心臓発作だろうということになったんですが。
 それからも何人か、夜の山に音を追って入ったのですが、その皆がことごとく
 亡くなってしまって・・・」

「騒ぎになっていると、長老の一人が古い言い伝えを口にしたんです。
 夜中に森で音を立てているのは、地獄の住人だって。
 あれは木を切る音なんかじゃなくて、地獄に通じる穴の蓋を開け閉めしている
 音なのだそうです。
 そんな時山に入って、運悪く見つかってしまった者は、ついでに地獄へ連れて
 行かれてしまうのだとか」

「本当なのかどうかは誰もわかりませんが、あの音を聞き続けて身体を損なった
 村人も出て来て、悪いモノだという認識は確定しました。
 それ以来、誰も夜遅く山には入る者はいなくなったんですよ。
 今でも時々、あの音は聞こえているそうです」

彼はそう言うと、嫌々をするように首を振った。

255: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/08/19(水) 20:46:40 ID:k+DmDYFl0
ロシア人のビジネスマンに聞いた話。

「私の先祖は森林の中で仕事していたらしいんですがね。
 まぁ場所で言えば山の中になるんでしょうが、日本の山とは大部赴きが違いますな。
 日本の自然は小作りです。これはこれで美しいですね。
 木樵もしていたらしいですが、主には黒貂を狩って毛皮を獲っていたとか」

「で、家に伝わる話なんですが、奇妙なものがありまして。
 一日の仕事を終え、皆で火を囲んでいると、コーン、コーンと音が聞こえてくる。
 誰だこんな夜中に木を切ってるのは?って探してみても、音の主が見つかることは
 絶対になかったそうで。
 その音が聞こえた翌朝は、決まって皆が気味の悪い思いをしたといいます」

「宿営地に残されている荷物が、朝になると一人分多いのだとか。
 他の皆の物と同じように、かなり使い古された荷物が。
 しかし面子を確認すると誰一人として欠けてはいない。
 仕方ないので皆で分けて処分していたそうですが、その荷物って一体誰の物だった
 のでしょうね?」

彼はそう言って笑っていた。

256: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/08/19(水) 20:51:27 ID:k+DmDYFl0
今夜は外国の天狗倒し?ネタ3本です。
いやまぁ、本当に天狗倒しかというと微妙に違うのですが(苦笑)。
やはり色々と毛色が違うものですねぇ。

でも、最後の話、個人的には神隠しネタでもあるんじゃないかと
思ったりなんかもするんですが。
最初からいなかったことになるってパターンの。
ロシアとか東欧では、森は恵みをもたらすと同時に『怖い!』って
イメージがあるそうで、そんなところは日本と似ているかもしれません。

んでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク