シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】「ある奥地の山に入った時にですね、不思議なことがあったのです。  自分以外誰もいない森の中で、何処からかクシャミする声が聞こえたんですよ。  するとその途端、辺りがとっぷりと暗くなる」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

499: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/07/29(水) 19:38:12 ID:0iMQQVAJ0
知り合いの話。

彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあるという。
その時に何度か不思議なことを見聞きしたらしい。

「ある奥地の山に入った時にですね、不思議なことがあったのです。
 自分以外誰もいない森の中で、何処からかクシャミする声が聞こえたんですよ。
 するとその途端、辺りがとっぷりと暗くなる。
 あれっどうしたんだろうって思っていると、再びクシャミがして。
 すると今度は元通りパッと明るくなる。
 
何処かの誰かがクシャミを繰り返す度に、自分の周りが昼と夜とに切り替わって
 いるような、そんな体験をしたのです。
 あまりに奇抜な体験で動くことも出来ませんでしたが、その内に異変も収まって、
 何事もなかったかのように元に戻りました」

「後で聞いたところ、その山の奥には大きな蛇が棲んでいるっていうんです。
 蛇というか、蛇神様みたいな扱いされていたみたいですけど。
 崇められていた訳でもなくて、そうですね、日本で言うところの祟り神みたいな
 存在だったんでしょう。
 この蛇神様は、昼と夜とを切り替えるのが仕事なんだそうです。
 この神様、時々具合が悪くなって、私が体験したように夜昼が滅茶苦茶になって
 しまうことがあるんですって。
 面白い神様ですねえ」

「まぁ実際のところ一種の幻覚というか、感覚器官の異常なんでしょうけどね」
彼はそう言って笑っていた。

510: 本当にあった怖い名無し 2009/07/29(水) 21:46:25 ID:d3wm4e4k0
>>499
それ「燭陰」ですね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%E9%B0

582: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/07/30(木) 20:26:32 ID:OOxmp6YB0
>>510

やはり燭竜を連想しますよねぇ。
私も話を聞いた時には心当たってしまい、「おぉ!」なんて喜んでしまいましたが(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク