シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】ゲータレードを作るために容器に水を入れたのだが、いつまで経っても水が満ちてこない。 容器を取り上げた。おかしい、軽いぞ。今かなりの水を入れた筈なのに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

64: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/06/11(木) 19:06:38 ID:4DqL1YVL0
後輩の話。

登山中に一休みすることにした。
飲み物でも作ろうとゲータレードの粉末を取り出し、口細の容器に入れる。
それから水筒で水を注いだのだが、いつまで経っても水が満ちてこない。

容器を取り上げた。おかしい、軽いぞ。今かなりの水を入れた筈なのに。
逆さに振ってみると、白いゲータレードの粉だけが地面にこぼれ落ちた。
「ここでは休憩するなってことかな」
そんなことを思い付いたので、別の場所で休むことにする。

谷を一つ越えた辺りまで歩き足し、残った粉と水で作り直してみた。
今度はちゃんと飲むことが出来たという。

65: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/06/11(木) 19:07:35 ID:4DqL1YVL0
友人の話。

梟がついてくる森があるのだという。
「そこに入っている間、絶えず梟の声が聞こえるんだ。
 奇妙なことに、家に帰ってからも気配がする。
 電気を落とすと、部屋の何処かでホゥって鳴き声が聞こえるし」

梟の声がする間、彼の家からは鼠の姿が消えたという。
「しばらく経つと梟の気配も声もしなくなったし、鼠も出るようになった。
 もう森に帰ったんだろうな」

自分の部屋にも来てくれないかな。少し羨ましく思った。

66: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/06/11(木) 19:08:31 ID:4DqL1YVL0
知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

「変わったモノが出る山があったな。山というか沢だったんだが。
 雨風が凌げる場所があったんで、よくそこで野宿してたんだわ。
 これが次の日起きてみると、なぜか鉄砲に歯形が付いてる。
 黒鉄で出来た筒にだけ、牙で囓ったような傷痕がな」

「その山には山犬さんっていう賢い御犬様がいて、鉄を嫌っているって話だった。
 確かに噛まれるのは鉄砲だけで、他の物は儂らの身体も含め、何の被害も無え。
 だからそんな不思議なモノもいるのかもなぁって、そう思ったよ。
 そこにゃよく泊まらせて貰ったけど、その近辺じゃ獣を狩る奴ぁいなかったな。
 鉄砲撃ちも気を遣っていたのかもしれねえ」
猟の帰りに、獲物の一部を沢に置いて帰っていた者もいたという。

「今はもう猟師専門って奴もいないしよ、あんな山奥まで行くことも無えだろう。
 山犬さん、どうしてっかな」
祖父さんはそう言って懐かしそうに目を細めた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク