シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】「森ン奥から誰かが手招きしてきても、絶対にそっちに行くんじゃないぞ。  そりゃあマネダケとかマネキダケって言う、椎茸のお化けだからよ。  逃げられないよう手足落とされて、ほだ木にされちまうぞ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

475: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/06/29(月) 20:19:41 ID:j7YKPgR60
友人の話。

彼は幼い頃、実家に里帰りした折はよく裏山で遊んでいたのだが、その都度祖父に
注意されていたことがあった。

「森ン奥から誰かが手招きしてきても、絶対にそっちに行くんじゃないぞ。
 そりゃあマネダケとかマネキダケって言う、椎茸のお化けだからよ。
 逃げられないよう手足落とされて、ほだ木にされちまうぞ」

「一度だけ、森の中から手招く人影を見たことがある」そう彼は言う。
ボンヤリした緑色の影が、ゆるりゆるりと招くように右手を振っていた。
誰何の声を掛けても返答がなかったので、慌てて家まで逃げ帰ったという。

「幸いにもその後は見なかったけどな。ありゃ気味が悪かった」
そう口にして、嫌そうに頭を振っていた。

76: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2009/06/29(月) 20:20:45 ID:j7YKPgR60
知り合いの話。

持ち山の手入れをしていると、不気味な物を見つけた。
太い椚の幹、その下の方に座椅子のような物があって、茶色の人形が腰掛けている。
近よってよく見ることにした。

座椅子ではなくて、大きな平べったい茸のようだ。
そしてそれに腰掛けていたのは、木乃伊のように干涸らびた、小さな猿の骸だった。

気持ち悪くなってその場を去った。
下に降りてから自分の見た物を話していると、親類の爺さんがこんなことを言った。
「うちのずんと山奥には“コシカケ”って呼ばれる、猿を獲る椎茸があるんだそうだ。
 猿の好きな匂いを発して、惑わせて自分の上に座らせるとか。
 すると猿は酔い潰れて動けなくなり、そのまま茸の滋養になるんだとサ」

そんな気色の悪いこと、誰から聞いたの?と尋ねると、
「儂がまだ子供の頃、出入りしていた薬売りがそんなこと言ってた。
 その椎茸が、筋の好事家にはえらく良い値段で売れるってな。
 最もその薬売りのオッサン、うちの山には絶対入ろうとせんかったが」
そう答える爺さん。

それを聞いて、従兄弟を連れてもう一度出向いてみた。
しかしどこを探しても、あの不気味な腰掛けは見つからなかったという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク