シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】私と妹は奥の和室でのんびりとごろごろしていました。 すると突然、風呂場から祖母のうめき声が聞こえたのです。 時間はまだ真昼間でお風呂の時間ではないのに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

189: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 01:52:40.56 ID:1syK2gHY0
書き込む場所がここであってるのかどうかわかりませんが、二年ほど前奇妙な出来事があったので書き込みます。

二年ほど前の夏休み、大学生で地元から出ていた私は実家に帰省していて数日間のんびりとしていました。
母は仕事で、兄はゲーセン、父と祖父は既に他界しており、家にいるのは私と妹と祖母だけ。
祖母は玄関のすぐそばの洋間で基本横になっていてよくテレビを見ていました。

190: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 01:53:34.78 ID:1syK2gHY0
その日も私と妹は奥の和室でのんびりとごろごろしていました。
すると突然、風呂場から祖母のうめき声が聞こえたのです。
時間はまだ真昼間でお風呂の時間ではないのに。
最初は気のせいだと思って気にしていなかったのですが、しばらくたってもうめき声が続き、私は嫌な予感がしてきょとんとしている妹に様子を見に行かせました。
すると、妹がすぐに戻ってきて私を呼び寄せました。
風呂場に向かうと、そこには祖母が。半分湯に浸かった状態で呻いていたのです。
お湯に触れて見ると指を入れた瞬間すぐに引っ込むほどに熱く、なぜ祖母はこんな風呂に、と戸惑う一方。
とりあえず湯船から祖母を引き出そうとするも祖母の体はとても熱く、なかなか引き上げられませんでした。

191: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 01:53:58.95 ID:1syK2gHY0
その時です。家のインターホンが鳴り、いとこが家にやってきました。なぜやってきたのかまでは覚えていませんが藁にもすがる勢いで彼女たちに今の状況を知らせ手助けをしてもらい、救急車も呼んでもらいました。
消防署は割と近かったのですぐに救急車が来て祖母は運ばれました。付添人として私も入りこんだとき、丁度母が帰ってきました。今日は仕事が早上がりだったとのこと。
そして、そのまま病院に向かい、入院しました。大やけどを負って命も危なかったそうですがなんとか一命を取り留めたとのことで私は心底ほっとしました。
その後、祖母からなぜ風呂場に向かったのかと話を聞くと、「あの時、(私の妹)ちゃんが『お風呂沸いたよー』って言ってたから向かったら沸いてなかったから入れてた」とのこと。
しかし、あの時妹はずっと私のところでテレビを見たりゲームをしたりしていたのでそんなことを言うはずがないのです。
祖母が真昼間にお風呂に入るという習慣もありません。
そのことを祖母に伝えても祖母は首を捻るどころか怒りだす始末。
しかし、今もまだ祖母は現存して一応元気に生活しています。
あの時、偶然私が帰ってなくて偶然いとこが来なかったらと思うと祖母は今頃…、と思うとぞっとします。

193: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 01:58:30.29 ID:z2ejQ0x70
どこ半分が湯に浸かってたの?裸で下半身?

194: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 02:06:03.55 ID:Kx0ZMYTz0
ID違いますが192です。

はい、裸で下半分までお湯が入ってました。

195: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 02:07:02.56 ID:Kx0ZMYTz0
なんていうか思い出した今もゾッとして震えが止まりません……

196: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 02:10:56.23 ID:e9JrHC0oO
>>195
大丈夫!!?><
気をしっかりもって!!

198: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 02:14:14.66 ID:Kx0ZMYTz0
>>196
ありがとうございます。普段はホラー系とかスプラッタ系とか見ても割と平気なんですけどね
なんか書き込んだ途端ぞぞわっとした鳥肌が立ってきて……

197: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 02:12:34.00 ID:z2ejQ0x70
痴呆の一緒かなーそれはそれで怖いけど

199: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 02:16:42.98 ID:Kx0ZMYTz0
>>197
痴呆、なんでしょうかね……?

200: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 02:20:26.71 ID:z2ejQ0x70
一緒じゃなくて一種だった
逆ギレしてるのはそういう傾向を認めたくなかったせいだと思う
今何ともないなら火傷入院のショックで痴呆の進行の方は止まったのかも知れんけど

201: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 02:26:27.11 ID:Kx0ZMYTz0
なるほど。
なんともないというのは語弊がありました。
その時の後遺症で足が少々不自由になったこと以外は至って元気だそうです。
あ、でも事件前よりかは大分大人しくはなったかな……?

204: 本当にあった怖い名無し 2015/11/11(水) 14:09:42.18 ID:Z2PU/3NZ0
聞いた話だけど・・・
認知症によっては、本人にはハッキリとした幻覚が見えるらしい。
誰もいない部屋の隅を指差して、「子どもがいる」「動物がいる」とか言い続けたり。
「トイレに知らない女の顔がある」とか「(何十年も前に亡くなった)親や友達がそこにいる」とか。

全くの幻覚ではない場合もあるらしい。

ある施設でセンサーとかまだ無い時代、、認知症のお婆さんが、「夜になるとお雛様が来る」と毎日訴えるので、幻覚なのかどうか確かめようと
スタッフが夜勤の見回り時間以外に監視していた。
すると見回りが終わって少し経った時刻に、別の部屋のお婆さんが起きだして、
あちらこちらの部屋(ブース)に行って、ベッドで寝ている別のお婆さんたちを覗き込んでいたんだって。
派手な模様の毛布を羽織っていたから、お雛様みたいな衣装に見えたらしい。

ごめんね。不可解な話じゃないね。

227: 本当にあった怖い名無し 2015/11/18(水) 14:14:25.46 ID:XyixqbXp0
>>204

数年前無職でとうとう愛車まで売って生活してた頃、
昼間嫁の車で就職活動をして、嫁を仕事先まで送り迎えしてたんだ。
嫁は介護士で仕事先は隣町のグループホーム。
夜は幼い娘と嫁を迎えに行ってたが、ある夜、嫁が施設から出てきて
駐車場にいる俺らの所まで来ているのが見えた時、娘が「ネコちゃんがいるよ?」と言う。
何気に「ん?どこに?」って聞くと「ママのとこ」と。
聞けば嫁の足下に戯れるように黒猫が絡み付いてたが、話してるうちにいなくなったそうだ。
俺は見ていない。嫁はいつも車に乗って来るなり、夕飯のこととかマシンガントークが始まるので
娘のネコの話はそれっきり。

で、その夜娘を寝かしつけた後嫁と話していると、「今日二人の利用者のお婆さんにネコがいるって言われた」と。
一人(かなり認知が進んだ婆さん)には歓談室で嫁の足下に向かって「まおまおまお」と言われ、
ネコを呼ぶような仕草をされて、もう一人(半ボケ)には「あら、かわいい猫ちゃん連れてるのね」と
別々の時間帯に言われたそうだ。「ネコでも憑いてたのかしら」なんて、言うから、嫁が車に乗る前の
娘の話をした。利用者さんに見えてたネコも黒猫だそうで、多分二人の利用者さんと娘には本当に
黒猫が見えてたんじゃないかな?

幻覚と決めるのもどうだろうか?

232: 本当にあった怖い名無し 2015/11/18(水) 15:53:02.65 ID:mkhj0qLHO
>>227
うちの祖母も要介護で幻視のあるタイプの認知症なんだが
「廊下を魚が泳いでいる」とかいうのは、幻だってわかるじゃん
(そういう時は否定はダメなんだってね、だいたい母がホウキ持ってきて
はいはい、掃除したからいませんよ~と、いなしているけど)
仏壇から女の人が出てきた、や、布団の回りに人がたくさん立っている
というのは、婆ちゃん、まじに視えてる?と勘ぐってしまう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク