シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】うちの地元に「○っちゃテレビ」という地元ケーブルテレビの放送局があるんだが、 たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。 この前、山へ散歩に出かけた婆さんが行方知れずになって「お知らせ」が出たんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

625: 本当にあった怖い名無し 2008/04/10(木) 01:41:57 ID:yI9CV9Ep0
クロカンコースありのスキー場では、あまりに豪雪が過ぎる時に時折大型除雪車両による除雪が行われるんだが
その時に作業中の人間がその車両に巻き込まれ、微塵にされてしまうという悲劇が起きた
流石にその現場にはいなかったんだが、自宅がスキー場のすぐ近く(徒歩5分以内)だった事もあり
「巻き込んだー!!」の声から始まる喧騒、近隣の騒然とした空気、通り過ぎる警察や救急車両などなどを通して十二分にその悲劇を感じ入る事ができた

が、その後しばらくするとその時に運悪く現場にいてしまった人に「緘口令」が敷かれたという噂が流れた
「あれだけの事になればな」「お化けだろ」「殺人じゃないの」などなど、当時通っていた学校では色んな説が囁かれたものの
日常の流れと共に話題も移り変わり、すぐに「どうでもいい事」になってしまった

だが、その「どうでもいい事」の真相をなぜか6年も経ってから知る事ができた
その話の元は働いてる所に新しい従業員として入ってきた同級生、その人がとある飲み会で話がそっち方向にシフトした時に教えてくれた
そいつが言うには、自分ではないが親父が季節作業員として除雪作業に関わっていた為に真相を知る事が出来たとの事

そしてその緘口令の理由は「犬」
同僚を粉々に吹っ飛ばしてしまった後に、作業員は人を呼んだり警察等に連絡する為に皆が一時現場から離れてしまった
そしてその現場に再び戻ると、前々から山の奥のほうにいると噂だった野犬が現場にかなりの数現れており
その飛び散ってしまった同僚の大部分を持ち去ってしまったんだとの事
そのショッキングと言われればあまりな内容に、「付近住民にパニックを巻き起こさせないように」との理由で現場の人間に緘口令が敷かれたのだと言う

「それが理由であの春の野犬狩りがあったらしいよ」とそいつの話は結ばれたが
今もその自宅に住んでいて、時折人家の側にまで近寄る野犬の姿を見る身としてはたまったものではない話だ

626: 本当にあった怖い名無し 2008/04/10(木) 05:45:59 ID:pmtqwd9d0
人間の肉の味を覚えた野犬か…
koeeeeeeeeeyo!!

627: 本当にあった怖い名無し 2008/04/10(木) 08:39:05 ID:GRd2A0uh0
うちの地元に「○っちゃテレビ」という地元ケーブルテレビの放送局があるんだが、
たまに「地元警察署からのお知らせ」というのを流すんだ。
どこそこの婆さんが山に山菜を採りに行って行方不明になった云々とか。
で、先月も山へ散歩に出かけた婆さんが行方知れずになって「お知らせ」が出たんだよ。

まぁ結論をいうと、大怪我は負ったものの無事に保護されたわけなんだが。
ただ、この「大怪我」が問題でね。左のふくらはぎの一部が抉れてたらしい。
婆さんの話を要約すると
「小さな影が突然走ってきてぶつかった。尻餅をついたときには、影は消えていた。
 左足が酷く痛いので見てみると、肉が削られていた。痛みと出血の恐怖で動けなくなった」
という事らしい。持っていた手ぬぐいで傷口を押さえ、暗い山の中でガクブルしてたんだとか。
発見が早かったんで手遅れにならずにすんだそうで、その点は不幸中の幸い。

警察は野犬に噛まれたんだろうと判断したんだけど、治療にあたった消防の人が
「これは動物が噛み付いて出来たような傷じゃない」と反論したんだけど「じゃあ何だよ?」と問われて答えられず、結局「野犬の仕業」に。
何十年か前にも山の中で似たような事が起きていたそうだけど「関連性はなし」ということで警察は無視。
地元の年寄りの何人かが「みょうけん様かなあ」と言ってたが、それがなんなのかは不明。
(山の中にはみょうけん様がいる、ぐらいしか話が伝わってないそうだ)

すぐ近くの山の中に、人を襲うような何かがいると考えると少し背中が寒くなった。

629: 本当にあった怖い名無し 2008/04/10(木) 12:13:38 ID:KW+XooSV0
>>627
怖え…((((lil゚Д゚)))

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク