シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでいた。 ある日、祖母が近くの川で遊んでいると、川上から何かの塊が流れてきた。 それは肉の塊だったらしく、祖母は大人を呼んで家に持って帰り、 皆で焼いて食べたそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

343: 本当にあった怖い名無し 2008/03/25(火) 06:15:58 ID:Nv/yrbh40
僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか、
母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。
祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでいた。
昭和初期の時代なので村は貧しくて、漁業と少しの農業で生計を立てていた。

ある日、祖母が近くの川で遊んでいると、川上から何かの塊が流れてきた。
それは肉の塊だったらしく、祖母は大人を呼んで家に持って帰り、
皆で焼いて食べたそうだ。

その肉がとても美味しかったと語る祖母が印象的だった。

当時の自分は小学生だったので、祖母が若かった頃は肉食に馴染みが無かった時代だから、
肉がとても美味しいと感じたんだなぁと納得し、両親や兄と一緒に談笑したのだが、

今思い返せば謎だらけの話だ。

昭和初期(1926~)の田舎の漁村で、魚や野菜を主食としていた時代に、
なぜ肉の塊が川に流れている?
そもそも、その肉は何の動物の肉なのか?
何の肉かもわからないモノを焼いて食べるか?

祖母が64歳で癌により他界したので、
今となっては真相はわからないが、
母も44歳で癌により他界したので、
今頃になって何の肉だったのかとても気になる。

とても美味しい何かの肉塊。

351: 本当にあった怖い名無し 2008/03/25(火) 12:24:50 ID:EalT0Eu6O
>>343
人の肉じゃね?
野生のライオンは人を襲ったら殺すらしい
理由は人間の肉はハンパなくうまいから味を覚えたライオンはまた人を襲うから
って聞いた

353: 本当にあった怖い名無し 2008/03/25(火) 14:08:20 ID:pvQWhVEJO
>>351
あ、なるほど!
343の婆ちゃんってライオンだったのか!

361: 本当にあった怖い名無し 2008/03/25(火) 23:40:19 ID:O0bqtkl70
>>351
ライオンが人を好んで食べる時の特徴は歯や顎を痛めていて
野生動物が堅くて食べれない時に人の食べ易さを知った場合。

味は特に関係無し。

760: 本当にあった怖い名無し 2008/04/15(火) 13:09:56 ID:7mLpzrI+0
>>361
亀レスだが、哺乳動物が汗をかくといっても、人間ぐらいドバドバと汗をかいて
取りすぎた塩分と水分を対外に放出して体を冷やしている哺乳類は他にいないわけで

野生動物からすると塩味ってのは貴重だ
象なんかは岩を掘ってでも塩を手に入れようとする
そんな中で「人間は塩味がついていてウメェwwwww」だと聞いたことがある
だから人間の味を覚えると、楽に狩れる獲物だからって以外の意味でも危ないそうな

インドの村で昼寝していたら、大の大人がヒョウにくわえてさらわれたとか
アフリカで寝苦しいので外に出て寝てたら、ハイエナに顔面半分をくわれたとか
幽霊や人間も怖いが、野生動物も怖い・・・

761: 本当にあった怖い名無し 2008/04/15(火) 14:01:41 ID:OdgdQjrU0
>>760
ほんのりじゃねぇよ

358: 本当にあった怖い名無し 2008/03/25(火) 21:40:00 ID:DxAwor7L0
>>343
バリバリのガン家系なんだね
肉は関係ない
気をつけた方がいいよ。
前立腺は、そうそう死なないから
ガンガレ

345: 本当にあった怖い名無し 2008/03/25(火) 10:00:52 ID:Bgz0QwsrO
癌関係なくないか?

346: 343 2008/03/25(火) 10:30:05 ID:Nv/yrbh40
>>345

まぁ、関係ないと思うんだが、
そういった経緯を思い出したので、
何の肉なのか気になるってだけです。

354: 343 2008/03/25(火) 14:23:07 ID:Nv/yrbh40
先程、人間ドックの結果が郵送で届いたのだが、
前立腺がんの疑いがあるから再検査しろとか言われた。
正直、洒落にならんて...。

356: 本当にあった怖い名無し 2008/03/25(火) 14:40:21 ID:EDqgVhGt0
>>354
現実の病気ほど怖いものはないかもしれないな。
とにかく今は頑張ってくれとしか言えない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【洒落怖】祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでいた。 ある日、祖母が近くの川で遊んでいると、川上から何かの塊が流れてきた。 それは肉の塊だったらしく、祖母は大人を呼んで家に持って帰り、 皆で焼いて食べたそうだ。』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/10/02(月) 13:30:39 ID:64b14f17d 返信

    >ある日、祖母が近くの川で遊んでいると、川上から何かの塊が流れてきた。
    >それは肉の塊だったらしく、祖母は大人を呼んで家に持って帰り、
    >皆で焼いて食べたそうだ。

    『キジが壁に衝突死したので鍋にして食べた』とかなら分かる。
    正体不明なモノを食うってなんだよ。どっかの風来坊でも食ったら識別できるのに

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/10/02(月) 18:06:31 ID:7096436e8 返信

    なんでライオンの話してんだよ
    流された子供かもってはなしじゃないの

  3. 名前:jumper 投稿日:2017/10/04(水) 20:12:11 ID:589fc6ab0 返信

    「肉が流れてきた」という表現があまりにも小学生の作文っぽくて、状況が想像できない。どのくらいな川なのか、どれくらいの大きさの肉か、新鮮なのかやや干物っぽいのか、肉塊に骨や内臓なついてないのか、何のどの部分なのか、肉は浮いて流れてくるもののか、話が断片的すぎて、ただの昔話のようだ。単純に考えれば、すこし上流の川原でマタギのような猟師が獲物の動物を解体していたときに、川で血抜きしていた肉塊のいい部分を水流に落としてしまい、あれよあれよというまに流れてしまったものが、若かりし頃の祖母の前に流れてきたというものだろう。おそらく鹿肉か猪肉。それなら別に特別なことではない。大きな桃が流れてきたりしなくて良かったな。