シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】犬鳴トンネルの手前に車を停め、霊感持ちの先輩に解説されながら、ひんやりとしたトンネル内を歩いた。 「今日はすごい!なんかうじゃうじゃいる!多分動物じゃないかなこの大きさ…あ、そこに女の子がいるよ!!」 みたいな感じ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

573: 本当にあった怖い名無し 2006/05/02(火) 12:42:49 ID:b09o6WxT0
福岡での学生時代の話。

霊感を持つ先輩がいた。
ほんとに霊感なんかあるのかどうかわからんけど、
その先輩の体験談はいつも面白く聞かせてもらってた。

ある日の深夜、先輩らと有名な心霊スポットへ肝試しに行くことになった。
旧道のトンネル。狭い峠道の狭いトンネル。
(現在では封鎖されているらしいね。)

夏が近いこともあって、その場所はうちらのような肝試しグループでにぎわっていた。
DQNがバイクで空ぶかししていたり。
霊的な怖さより、「トラブルに巻き込まれないかな」っていう怖さの方が
勝っていたのを覚えている。

574: 573 2006/05/02(火) 12:44:17 ID:b09o6WxT0
トンネルの手前に車を停め、先輩に解説されながら、ひんやりとしたトンネル内を歩いた。
「今日はすごい!なんかうじゃうじゃいる!多分動物じゃないかなこの大きさ…あ、そこに女の子がいるよ!!」
みたいな感じ。
先輩曰く、「見えるものの大半はぼんやりした光の玉みたいなもので、
なんとなくの輪郭で人か動物かを判断する。」
「たまに思いの強い(?)ものがいて、そいつらはわりとはっきりした姿がわかる」

トンネルを過ぎると石碑があって、そこから上へと続く道があった。
その石碑の前で先輩が立ち止まり、
「…ここから先へは行くな!何かわからんけどやばい!!おれは保障できん!」

へたれなうちらはそこで引き返した。

575: 573 2006/05/02(火) 12:45:51 ID:b09o6WxT0
・・・車に戻ると先輩が
「A(オレ)の左肩に上半身だけの男がいる。多分今夜は家まで付いてくるよ。」
「大丈夫。悪意は感じないし、うちらの声も聞こえないみたい。そのうち離れるよ。」
「この辺触ってみ?空気の違いを感じん?」(←確かにそこだけ冷たい気がした)

そのまま解散したんだけど、
部屋に戻っていつものようにオナニーしてる時、
「今もこの辺にいるのかなぁ…」
って思うとほんのり…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【洒落怖】犬鳴トンネルの手前に車を停め、霊感持ちの先輩に解説されながら、ひんやりとしたトンネル内を歩いた。 「今日はすごい!なんかうじゃうじゃいる!多分動物じゃないかなこの大きさ…あ、そこに女の子がいるよ!!」 みたいな感じ。』へのコメント

  1. 名前:名無し 投稿日:2017/10/09(月) 15:08:03 ID:6c823b9f4 返信

    社会人始めた頃、知人と霊感の話になって「あなた肩に水子いるよ」と言われた
    (喪なので当事体験無しw)
    曰く「人が良さそうだから頼ってきたんじゃないか、もしくは先祖関係」かと
    手をかざすとその周辺だけヒンヤリとしてたな

    気のせいと言われたらそれまでだけどw