シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】御盆のお墓参りの時どこからか子猫がやってきた。 やたら人なつっこく、どこまでもついてきてすりよってくる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

317: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/25 15:26
ネコ話

数年前、例年になく熱かった夏。
御盆のお墓参りの時どこからか子猫がやってきた。
やたら人なつっこく、どこまでもついてきてすりよってくる。
どこまでもついてきて車に乗せても嫌がらない。
前に飼っていた猫が死んで久しいのでそのまま飼うことに。
よくじゃれてくるので、かまてっていて飽きない。
お墓から来たので名前はキタロウに。
そして翌朝、

部屋中うにキタロウがじゃれて遊んだであろう
バラバラになったゴキブリの屍骸が!!!
その夏は毎朝恐怖の連続でした。

318: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/25 18:09
>>317
キタロウ可愛いねぇ~!
うちの猫も、夜、寝てる時に外から帰ってきて
枕もとでなんだかモソモソしてるな~、と電気つけてみたら
長さ10cmぐらいの芋虫でじゃれてたりした
全身鳥肌だったな、アレは

324: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/26 00:59
>>317-318
でわでわ、私の猫のお話を。

家で飼っていた「太郎」君のことです。
白黒で可愛かったです。
真裏の家が猫嫌いで、かなり用心していたつもりでした。
その家の隣が大の猫好き。
真裏の家の奴に何匹か虐待されたり殺されたりという家でした。

で、その真裏の家でお葬式があった夜のこと(通夜だったかな?)
玄関の飾りの走馬灯(お葬式バージョン)に、
うちの太郎君は萌えましてね~、周りを回って遊んでました。
「猫を苛める家のお葬式で、飾りに萌えるうちの猫♪」

合掌(-人-)
(太郎君はその後半年位して、恐らくその家の奴が撒いた
 毒餌で亡くなりました そんなことをする奴はその家しかなかったから)
猫の罰に色々と当たっているそんな真裏の家でした。
幾つか猫虐待家には不幸がありましたよ。

325: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/26 04:03
動物虐待はもちろんNGだけど、そんな隣人がいるのに外で飼うあなたにもほんのり。

327: 324 04/03/26 14:52
だからもう飼うのを止めたのさ。
これ以上は辛い話だから突っ込まないでくれ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク