シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】「学校で猫が捨てられていたので職員室前であずかっている  明日中に引き取られなかったら保健所に連絡しなきゃならない」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

178: 1/2 2010/08/24(火) 14:50:28 ID:3NOtt7O/0
実際体験した話
高校のころ、夏休みも近いある日
「学校で猫が捨てられていたので職員室前であずかっている
 明日中に引き取られなかったら保健所に連絡しなきゃならない」
と担任が帰りのホームルームに告げた。
猫は大好きなのだが絶対見たら拾いたくなるのであえて無視を決め込んだ。
生徒数はかなり多いし、誰かにつれて帰られるに違いないと思っていた。
のだが、たまたま図書室にいたら部活の後輩が飛んできた。
俺はその時文芸部(漫画研究部兼ねたような感じだったが・・・)
人数もあまり多くないから部室は古い建物の6畳くらいの窓もない部屋。
で、ドアも古いからちょっと鍵開けるときに加減誤るとオートロックになる。
その状態で部室の鍵を中に置いたまま後輩たちが外に出てしまったそうだ。
仕方ないので職員室に鍵をもらいに行ってやると、猫と目があってしまった。
茶トラで体の下側が白しろい八割れのメス猫、青い目がかわいかった。
みゅうみゅうないてじゃれついてるのみたらどうしてもほっとけなくなった。
たまたまその日学校までの迎えを頼んでいた母親を説得し、家に連れて帰った。
ノミまみれで大変だったがそれでも一生懸命世話をした。
6日目の朝にはよちよち歩きで頑張って家の廊下を歩いていた。中学生の弟が一緒に歩いてやって笑ってた。
けどその日の晩から体調がわくるなって7日目の朝、息を引き取った。
すごく後悔した、元気そうだと油断せず病院に連れて行けばよかったと後悔した。
だからまあ月並みなんだが
「生まれ変わって帰って来いよ」
っていった別れを済ませた。

179: 2/2(1) 2010/08/24(火) 15:34:10 ID:3NOtt7O/0
ちなみに猫が死んだとき俺は学校に行くバス停で猫の声と錫の音を聞いた。
ヘッドフォンしてたはずなのにやけにはっきり聞こえて思わず猫の姿を探した。
結局猫の姿はみなかったが気になったので母親にメールしたら、その時間に息を引き取ったといわれた。
7/17の7:17、おまけに俺が七って数字の付く名前で正直ゾッとした。

その一件があった翌年の3月くらいのことだった。 家の中で幽霊を見ると弟と二人で話した。
弟が言うには洗面台には年の離れた妹用の踏み台が置いてあり、洗面場への入り口に暖簾がかかっている。その暖簾の下から踏み台が見えるのだが、そこに子供の足があって乗っていたという。
最初は妹かとも思って暖簾を持ち上げて確認したら誰もいないとのことだった。
俺は俺で顔を洗っていたら腕の下から入る視界のなか、洗面場の入口で子供が覗き込んでいるのを見た。
青地に白い足跡模様の着物を着ている子供、ビビって顔を上げたら誰もいなかった。
しかし幽霊にしちゃ変った柄の着物を着ているので印象に残った。
でも思い当たる節はない。住んでいるマンションは新築で購入された物だし、住み始めて10年近いので何かあったとすればもっと以前から気付くはずなのに・・・
二人でそんな話をした矢先、しばらくして幽霊は見なくなった。

180: 2/2(2) 2010/08/24(火) 15:35:38 ID:3NOtt7O/0
それから少しして親父が仕事仲間から猫をもらってきた。 去年の猫の代わりに、ということらしい。
その猫はオスで白黒の八割れ、目は金色、尻尾は前の猫と同じく途中で折れてて「こんな感じの尻尾。
尻尾が同じ形なんてすげえ偶然だなとおもっていた。
数日たったある日猫が日向で寝ていてびっくりした。日に透けた毛の色はトラ模様。ガチでまえ死んだ猫かと思ってびっくりした。
でもふと思い返せば、避妊手術するのに簡単かつ手術費用も安いからって
「オス猫になってかえってこいよーそしたらずっと飼ってやれるからな」
なんてぼそっと言った気がしないでもない。
(死んで悲しんでたのになんでそんなとこに頭が行ったかは不明、悲しすぎて壊れていたのかもしれない)
そんな俺の身勝手な願いが原因でオス猫になって帰ってきたのかとおもったら、なおさら大切にしようと思った。
まあでも思い込みでありたいとおもっていたのだが・・・たたみかけるかのごとく決定打があった。

親が子猫にって首輪かってきた。青地に白い足跡模様のついた首輪。例の幽霊の着物と同じ柄・・・

・・・どうやらわざわざ事前に「もうすぐかえるから」と御挨拶に来てくれたらしい。いやあんまりできすぎてるんでしんみりしつつもかなりトラウマになった。
その猫は今日も元気に飯食って寝てる。 和菓子食う以外は割と普通の猫のはずなんだが・・・
俺の命を救ってくれたことがあったり、友人が猫が扉の前で鳴いてる時不意に女性の声で「開けて」というのがきこえたり、かなり不思議体験が幾度もある。
そんなことがたくさんあるので、ガチで猫又なんじゃと疑っている。

183: 178-180のおまけ1/2 2010/08/24(火) 23:52:00 ID:gin7ZM9K0
>>182の要望にこたえての画像付きだが話がメインなので勘弁してほしい。
ID変わってるが繋いでる場所が違うのでそっちも気にしないでほしい。

猫が俺の命を救ってくれたことがあるとかいたがその話。

俺は一時期毎日のように鼻血が出たことがある。
別に変なこと考えて興奮してたわけでも、逆上せたわけでもないんだが、毎日鼻血が出た
しかも量が半端ない、一回でハンドタオルが真っ赤に染まるくらい。
母親には白血病まで疑われ血液検査もしたが異常なし。
耳鼻科では鼻の血管に傷がついてるだけだからと軽く薬品塗られてもあしらわれたが、まったく止まらない。
血管を電気メスで焼いてほしいと言ったが、はぐらかされてそんな意味ない治療を3度も繰り返された。
でもその間も量が多いうえに連日の鼻血はつづいた。
正直つらかった。貧血でふらふらしてたし・・・仕事はまともにできないし・・・
そんな状態で迎えた誕生日。仕事帰りのバスの中で眠ってるときに三途の川を見た、なんとかバスの停車時の振動で目が覚めそれは渡らずにすみ。
帰宅したが、母親曰くあっかんべーをしたら瞼の中が真っ白、母親もヤバいと思ってたらしいが、そんな時間に開いてる病院はない。
後日耳鼻科で今度こそ血管を焼くということでその日は寝たのだが・・・

184: 178-180のおまけ2/2 2010/08/24(火) 23:59:36 ID:gin7ZM9K0
その晩、口の中にたまった血で目が覚めた。洗面台で血を吐き出して、止血できないため出し切る方向で決めて血を洗面台に垂れ流してた。
が、寒い、初夏だっていうのに寒い。おまけにどんどん目の前は暗くなってきて・・・
ああ、死ぬんだなっておもった。
そしたらいきなり走馬灯を見た。記憶に残ってないような光景をワンシーンだけ経験していきながら、
幼稚園、小学生、中学生、高校生、社会人と経路をたどって今の自分に戻ってきた。
もう意識は朦朧としていて音もまともに聞こえない。目の前は真っ暗で孤独と寒さが怖かった。
でもああこれで楽になれるんだ、死ねるんだ、となぜか安心して目を閉じた。
瞬間、それまでの成り行きを見ていた猫が腕にかみついた。噛みついたって次元じゃなく食い千切ろうとするかのように痛かった。
そこではっと我に返った。痛いと叫びながらもその痛みで意識がはっきりし始めてようやく自分が陥ってる状態の深刻さに気がついた。
猫も俺がはっきり喋り「もう大丈夫だ」って言い続けたらようやく腕を離した。
処置をする間もしっかり横に居座って結局その日は寝る時まで見守っててくれた。
布団に入る瞬間まで、獲物狙うときの目をしてて、「大丈夫、ねるだけだから、死なない」っていったらようやく落ち着いた。
あのとき思うに任せて意識手放してたらヤバかったなと今でも思う。鼻の血管はその後耳鼻科の医者に強く言って焼いてもらったのでもう鼻血は出ない。

その後これに限らず、妹が歯痛で夜明けごろすすりないてるのを、同じ方法で母親をたたき起こして確認させたりしていた。
あとレベルが低くなるが親が鍋に火をかけっぱなしで放置してたら焦げ臭いことに気がついて俺を呼びに来たりもする。
呼ぶっていうか足にまとわりついて「こっち」といいたげに先導して現場に連れて行ってくれる。おかげで火事にならずに済んでいる。たぶん猫が馬鹿だったら家3回は焼けてる。
危険察知は動物の本能だけれど、すごいと思った。
ちなみにこれが件の猫
http://nukoup.nukos.net/img/56711.jpg
>>180で言った首輪は3年したらボロボロになってしまったので今は別の首輪をしてる。誇らしげに座ってる椅子は俺のPC椅子。いまだに返してくれない。ちなみに隙を見て取り戻したらそのさらにすきをついて奪還してくるので諦めるべきなんだろうな・・・

192: 本当にあった怖い名無し 2010/08/26(木) 13:48:34 ID:ngyrfHsO0
生まれついての猫又さんなのかもしれんな
人間の言葉で普通にしゃべりだしたら是非知らせてくれw

197: 178 2010/08/27(金) 11:23:16 ID:u+SZP3Ce0
>>192
それが・・・
下の妹がかなり駄々っ子でな、「いやー」って泣きわめくことが多かった。
で、猫はその様子を見てたみたいで・・・
いやがらせされたら「いや」って鳴く
本気でいやな時は「いやー」
甘え半分は「いやん」
最初はそう聞こえる所謂親ばかにすぎんと思ってたんだが、友人が遊びに来た際おちょくったらしく
「いやーあ!」
って猫が鳴きながら逃げたの見て硬直してた。
「猫がしゃべった」ってつぶやいてたの見てあわてて事情話したらおびえなくなったけど・・・
親ばか丸出しで先に教えておけばよかったと今は後悔している。
それ以来そいつ遊びに来なくなったからな・・・仕事関係で遠方に越したのもあるが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク