シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】俺が飼ってた猫の話。 知らない間に体の中に大きな腫瘍を抱えてて、 触って気付いた時に慌てて病院に行ったら、悪性腫瘍。しかも末期。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

558: 1/2 2007/05/08(火) 16:04:41 ID:calsyzVb0
いい話かどうか微妙なんだけど、俺が飼ってた猫の話。

知らない間に体の中に大きな腫瘍を抱えてて、
触って気付いた時に慌てて病院に行ったら、悪性腫瘍。しかも末期。
あまりの衝撃に俺、動物病院で貧血起こしたよ。

「腫瘍なんて、取ったら必ず治る!」なんて思って手術して三ヵ月後。
突然飯を食わなくなったのが、俺の誕生日の前日。
猛暑だと言われた夏のある日。

病院へ行く事も考えたが、
腫瘍摘出した術後だってのに麻酔が覚めた途端、病院で大鳴きして、
「連れて帰ってあげてください」って言われるほどの極度の人見知り。w
無駄にストレスを与えないように、自宅で強制給餌を始めた。

しかし、見る見る毛並みが悪くなって殆ど動かず、誰が見てももう限界だった。
それでも香箱座りを旅立つ前日まで崩さなかったプライドの高い娘さんだった。

当時、何かと忙しかった俺は、
「絶対に一人で逝くなよ。逝く時ぐらい見送らせてくれ」
とずっと言い聞かせてた。

559: 2/2 2007/05/08(火) 16:05:17 ID:calsyzVb0
そんなスケジュールの中、餌を自力で食わなくなって10日後にぽっかりと休みが出来た。
深夜近く、何故かそれまで上げていた給餌のタイミングより早い時間に餌をあげた。
「いつもより食べてんじゃん。今日は調子良いか?」
なんて思ってた直後に体調急変。

俺と同じぐらいに忙しいスケジュールだった同居人も偶然家に居た。
俺らに見守られながら大きく数回息を吸った後、虹の橋を渡った・・・。

「約束守ってくれたんだな」って俺、大泣き。

完全な家猫だったからお寺に行くことは考えず、
移動火葬車に来て貰って、いつも彼女が部屋の中から見上げてた空へ行ける様にした。
「火葬車へ連れて行かなきゃ」と家を出たら近所の野良猫たちが一同に集まってた。
それも2~3匹じゃなくて、10匹以上。
家の近くの駐車場とか隣の家の屋根とか、色んな場所に居た。

たまたまそのタイミングで集まってただけかも知れないが、正直驚いた。
お前らの姿が見えただけで家の中から威嚇してた奴だってのに。w

喧嘩友達って扱いしてくれてたのかな?
偶然だったとしても、ちょっと俺的に良い話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク