シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】彼は地元の神社の氏子の一員である。 ある年、見知らぬお爺さんが社の中に腰掛けているのが見えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

483 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/01/01 16:07
友人の話。

彼は地元の神社の氏子の一員である。
毎年、大晦日から元旦にかけて、参拝客にお神酒を振舞うのだそうだ。

ある年、見知らぬお爺さんが社の中に腰掛けているのが見えた。
杖にもたれて参拝客を眺めては、ニコニコと微笑んでいる。
お爺さんは、彼がちょっと目を離した隙にいなくなってしまった。
社内にいたということは関係者であろうと思い、誰かと仲間に問うてみた。

お爺さんが見えていたのは彼だけだった。
社内には誰も入っていないはずだ、と皆に言われたそうだ。
信仰心が薄かった彼に、一体何が見えたのだろうか。
現在の彼は、氏子の行事に熱心に参加しているという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク