シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】彼女の実家は、山奥にある過疎寸前の集落なのだそうだ。 町育ちの彼女は山が珍しく、家の周りの山道を歩き回っていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

557 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/01/04 19:02
知り合いの話。

彼女の実家は、山奥にある過疎寸前の集落なのだそうだ。
先日法事のために、久しぶりにそこに帰った時のこと。

町育ちの彼女は山が珍しく、家の周りの山道を歩き回っていた。
荒れた細い道の傍らに小さな祠があり、中には五つの地蔵さまが並んでいた。
お地蔵さまが寒そうに見えた彼女は、自分の毛糸の手袋で小さな帽子を作り、二つの頭にかぶせたのだという。

それから十分くらいして、帰りにまた祠の前を通りがかった。
誰がしたことなのか、他の三つの地蔵の頭にも帽子がかぶさっていた。
大きな蕗の葉っぱで作ってあったらしい。
彼女の気のせいか、なんとなく地蔵さまの顔が得意気に見えたという。

次の日、彼女は新しく五つの帽子を作って持っていったそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク