シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】一人で山歩きしていた時のこと。 峠を越えたあたりから、すれ違う人が皆彼を無視するようになった。 こちらから挨拶しても露骨に目をそらすのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

957 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/01/18 18:11
先輩の話。

一人で山歩きしていた時のこと。
その山はそれほど高さがなく緑豊かで、女性や子供の登山者も多かった。
緩やかな道を歩きながら、彼はすれ違う人たちと挨拶を交わしていた。
しかし峠を越えたあたりから、すれ違う人が皆彼を無視するようになった。
こちらから挨拶しても露骨に目をそらすのだ。
彼が訝しんでいると、中年の女性登山者が走りよって声高に言った。

 どうしたの、その怪我は?

その時初めて、彼は自分の掌が血まみれなのに気がついた。
慌てて確かめると、身体中が切り裂かれたかのように傷だらけで、血を吹いていた。
急に立ちくらみを起こし、病院に運ばれる騒動となった。

割と深い傷だったらしく、なぜか下着の下の皮膚まで傷を負っていたらしい。
不思議なことに少しも痛むことがなく、一晩のうちにすべて完治した。
いつの間にそんな傷ができたのか、彼にはまったく分からないということだ。

958 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/01/18 18:18
>>956
怖いといえば確かに怖い話なんですが、どこか笑えるような気もしますな。
彼はなかなかに歌が上手く、夕食時には必ず披露してくれたものです。
怪しげな腰振りダンスも魅せてくれる芸達者でした。
しかし、この件以来単独行は止めたそうです。
林の中には、一体何がいたのでしょうね~?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク