シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】冬山を単独登山していた時のこと。 激しい吹雪に見舞われ、近場の山小屋へ避難した。 暖を取ろうとして燃やせるものを探しているうち、変わった物を見つけた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

219 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/01/25 23:59
知り合いの話。

冬山を単独登山していた時のこと。
激しい吹雪に見舞われ、近場の山小屋へ避難した。
暖を取ろうとして燃やせるものを探しているうち、変わった物を見つけた。
缶箱にスクラップブックと、十数枚の様々な宝くじが入っていた。
年末ジャンボから小さな商店街のくじまで、多種多様だったという。
ブックの方は、どうやら宝くじの当選番号を綴じているらしい。

何気なくパラパラと流し読みした彼は、あることに気がついて驚愕した。
箱の中の宝くじは、どれもがその一等懸賞に当たっていたのだ。
残念ながら、引き換え期限はすべて過ぎていたが。
スクラップブックの一番最後には、手書きで乱雑な文字が書き込まれていた。

 くだらない

くじを燃やすのも不気味に思われたので、元あった場所に戻したという。
吹雪が止んでその小屋から逃げ出せるのを、彼は心待ちにしたそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク