シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】天文ファンの彼は、何か天体ショーが起こると、街の灯が届かない山奥に行く。撮影用の赤道儀をいじっている時に、妙な現象に気がついたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

220 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/01/26 00:01
友人の話。

天文ファンの彼は、何か天体ショーが起こると、街の灯が届かない山奥に行く。
その日も、ある彗星を見るために車で出かけていたそうだ。

撮影用の赤道儀をいじっている時に、妙な現象に気がついたという。
一部の星が何かに覆い隠されるように消えていくのだ。
天を凝視していると、やがて巨大なものが、はるか高空を飛んでいるのに気がついた。
とてつもない大きさの五角形が、伸び縮みするように変形しながら、空を西から東へ流れていったという。

慌てて写真を撮ったが、どれも真っ暗で何も判別できなかった。
その後は一回も目撃できていないそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【洒落怖】天文ファンの彼は、何か天体ショーが起こると、街の灯が届かない山奥に行く。撮影用の赤道儀をいじっている時に、妙な現象に気がついたという。』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/11/04(土) 19:24:02 ID:589fc6ab0 返信

    何が空中にあったんだろうね?