シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】彼は小さい頃、よく実家の裏山にカブトムシを取りに行っていたそうだ。 ある夏の日、いつもみたく木を蹴飛ばしていると、ドスンと異様な物が落ちてきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

292 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/01/31 00:12
友人の話。

彼は小さい頃、よく実家の裏山にカブトムシを取りに行っていたそうだ。
目星をつけた木を蹴飛ばし、落ちてくる虫を捕まえていたのだという。

ある夏の日、いつもみたく木を蹴飛ばしていると、ドスンと異様な物が落ちてきた。
大きさは、小学生だった彼の弟くらいもあったらしい。
黒光りする逆刺がびっしりと生えた足が、数え切れないほど蠢いていた。
自分では起き上がることができないようで、足をわさわさ暴れさせている。

慌てて逃げ帰ると、祖父にひどく怒られた。
何の申し訳も無しに古い木を蹴飛ばすから、そんな目に遭うのだと。
以来、彼は木を蹴る前に「ごめんね」と謝るようにしたのだという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク