シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】彼は、今はもう使われていない小さな火葬場で働いていたそうだ。 その火葬場は、小さな山を登りきった所にあり、訪れる者もそう滅多にいなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

293 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/01/31 00:14
知り合いの話。

彼は、今はもう使われていない小さな火葬場で働いていたそうだ。
その火葬場は、小さな山を登りきった所にあり、訪れる者もそう滅多にいなかった。

それがいつの頃からか、変わった客が顔を出すようになったという。
仏が焼かれる時に、焼き場の周りを猫がぐるりと囲むようになったのだ。
そのうちに猫たちは、仏が出る前から集まってくるようになった。
猫の集まり具合で、近いうちに死人が出るなと判断できたくらいだったという。

火葬場が閉鎖されると、猫たちが集まることは無くなった。
「猫が死者を送っているように見えたのがとても不思議だった」と彼は言っている。

果たして本当に猫は、死者を送るために集まっていたのだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク