シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】一人で冬の山を歩いている時のこと。 人などとても住まないような山奥で、廃屋を見つけたのだという。 廃屋といっても、もう基礎しか残っておらず、どんな家屋だったかは分からない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

636 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/08 23:54
友人の話。

一人で冬の山を歩いている時のこと。
人などとても住まないような山奥で、廃屋を見つけたのだという。
廃屋といっても、もう基礎しか残っておらず、どんな家屋だったかは分からない。
何でこんな辺鄙な場所に? 疑問に思いあたりをうろついたそうだ。

玄関と思しきあたりに、赤茶けた郵便ポストがぽつんと立っていた。
奇妙なことに、ポストの中は郵便物で満杯になっている。
特に新聞はどれも新しく、彼は思わず引き出して見た。

日付が今日のものになっていた。
彼の通りがかる数時間前に、誰かこの廃ポストに新聞を配達した者がいる。

彼は急に落ち着かない気持ちになり、足早に立ち去ったのだそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク