シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】彼の実家の山村に、まだ小さな火葬場があった頃のことだ。 死人が出るとそこで一晩荼毘に付すのだが、その不寝番にちょっかいを出すものが時々出たらしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

527 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/07 01:05
友人の話。

彼の実家の山村に、まだ小さな火葬場があった頃のことだ。
死人が出るとそこで一晩荼毘に付すのだが、その不寝番にちょっかいを出すものが時々出たらしい。

不寝番の者が酒を飲んでいると、背中から砂をかけられるのだという。
驚いて背後の闇を見渡しても、何も見当たらない。
しつこい時は、一夜に何度も砂をかけられたのだそうだ。
酒でも飲まないと持たないな、と村の老人は笑っていた。

しかし砂かけが現れると間もなく、必ず村には子宝が恵まれていたという。
「砂かけは連れて行った人の代わりを連れて来る」と言われていたそうだ。

今では合同の大きな火葬場ができ、村の焼き場は取り壊された。
もう砂かけも出なくなって久しいそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク