シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】その日、彼は尾根を歩いていて足を滑らせてしまった。 滑り落ちた先は、砂地にできた奇妙な穴だった。 すり鉢状になっていて、まるで巨大な蟻地獄のようだったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

738 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/12 00:34
アメリカで山岳ガイドに聞いた話。

その日、彼は尾根を歩いていて足を滑らせてしまった。
滑り落ちた先は、砂地にできた奇妙な穴だった。
すり鉢状になっていて、まるで巨大な蟻地獄のようだったという。
穴の底には、脱出できなかったらしい動物の骨が見えたそうだ。

急いで穴から出ようとしたが、砂が崩れて上まで上手く登れない。
大声を上げて近くにいる仲間に助けを求めた。
仲間のおかげで無事に穴から出られたのだが、その時穴の底からある音が確かに
聞こえたのだという。

舌打ちの音だった。

慌てて目をやったが、何も怪しい物は確認できなかったそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク