シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】東北の海沿いの山にあった、とある集落の話。 そこの人たちは近隣の集落とあまり関わりを持たなく、訛りも特殊。 血縁で固まっているのか姿形も似ていて、色黒小柄で彫りが深く、日本人離れした風貌をしているらしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/22 19:15
東北の海沿いの山にあった、とある集落の話。
そこの人たちは近隣の集落とあまり関わりを持たなく、訛りも特殊。
血縁で固まっているのか姿形も似ていて、色黒小柄で彫りが深く、日本人離れした風貌をしているらしい。
この集落にある豊穣を祈る祭りで、人形に男衆が小便をかけてバラバラにして、段々畑に撒いて埋めるという。
昔は人形ではなく女の子を使っていたという伝説があり、
戦前には近隣で神隠しがあった際、いきり立った他村の人たちが押しかけて一触即発になったという。
今は過疎化して廃村になってるらしいが、その場所に訪れる人もほとんどいないとのこと。

152 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/23 02:13
>>137
うわぁ・・・。
確か、ほかの山スレで(オカルト板だったかどうかは覚えていない)、似たような目撃談を読んだ覚えがあります。
夜中に小屋を覗いたら、町の小父さんたちが縛られた娘に小便をかけて笑い合っていた、という内容でした。
もしかしてマジ話だったんでしょうか?
そしてその娘さんは一体どうなったのか!??

伝統行事とか風習とか関わってくると、人間て結構残酷なことができるようでゲンナリします。
願わくば、後味の悪い話ではなかったことを・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク