シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】アフリカに仕事で行った時のことだ。 現地住民の同僚から注意を受けた。 このあたりの山道には化け物が出るから気をつけろ、と。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

570 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/03/07 23:14
知り合いの話。

アフリカに仕事で行った時のことだ。
現地住民の同僚から注意を受けた。
このあたりの山道には化け物が出るから気をつけろ、と。

そいつは夜道で獲物を襲い、頭を噛み割って脳漿をすするというのだ。
普段は羊などを襲っているようだが、人間も年に数人は犠牲者が出ているらしい。
現地の言葉で「脳喰らい」と呼ばれているのだそうだ。

欧米からの入植者たちは、あれは熊だといっているらしい。
しかし帰国して知ったのだが、アフリカ大陸に熊類は生息していないという。
足よりも手の方が長かったという目撃談もあるそうだ。

かの地で熊とされている存在は、一体何なのであろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【洒落怖】アフリカに仕事で行った時のことだ。 現地住民の同僚から注意を受けた。 このあたりの山道には化け物が出るから気をつけろ、と。』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/11/16(木) 00:57:42 ID:a35240986 返信

    アフリカはまだ文明とは無縁な生活をする民族が何百もいるとか言われてるから案外人間だったりするかもね

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/11/17(金) 11:47:37 ID:578dc3031 返信

    ゴリラ・チンパンジーの類では?

    あのテの類人猿がより小さな猿の群れなどを襲って脳をすするという行為は割と知られてますからね。
    家畜や人間を襲う事を覚えた個体が出てもおかしくはない。