シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】 夏山キャンプでテントを設営していた時のこと。 ペグを地面に打ち込むと、テントの周りの地表が急に波打ち始めた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

728 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/03/15 04:39
友人の話。

夏山キャンプでテントを設営していた時のこと。
ペグを地面に打ち込むと、テントの周りの地表が急に波打ち始めた。
何事かと引き抜くと、いきなり地中より、柔らかく湿ったものが飛び出してきた。
どうやら設営地の真下に潜んでいたらしい。

彼の悲鳴を聞いて集まった仲間の見たものは、彼の身体に巻きついている巨大な軟体動物だった。
蒼黒い体表に、七色の筋がいくつも走っていたらしい。
ミミズに似ていたが、嫌になるくらい大きくて、且つ美しかったという。
それは彼から引き離されると、意外に機敏な動きで地中に潜り込んでしまった。

身体表面に鋭い刺を持っていたらしく、彼は身体中傷だらけになっていた。
しばらく熱を出して寝込んだそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『【洒落怖】 夏山キャンプでテントを設営していた時のこと。 ペグを地面に打ち込むと、テントの周りの地表が急に波打ち始めた。』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/11/17(金) 11:44:01 ID:578dc3031 返信

    数年前流行りましたね、モンゴルの殺人ミミズ、モンゴリアンデスワームって。