シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】実家の里山を歩いている時に、見知らぬ子供とすれ違ったのだという。 今時珍しい着物姿で、おかっぱ頭にぎょろりとした目をしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

731 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/03/15 04:43
知り合いの話。

実家の里山を歩いている時に、見知らぬ子供とすれ違ったのだという。
今時珍しい着物姿で、おかっぱ頭にぎょろりとした目をしていた。
何処の家の子かなと思い顔を見ると、頬っぺたが大きく膨らんでいる。
どうやら何か口に含んでいるらしい。

その時子供の口から、緑色をしたピクピクと痙攣するものが飛び出した。
太い蛙の足だった。

平然とその足を口中に押し戻し、その子は歩き去ったのだという。
後で知ったのだが、村は過疎が進んでおり、その年代の子供はいないのだそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク