シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】ボランティアで小学生ボーイスカウトを指導していた時のこと。 地元の山小屋を借りてキャンプをおこなったという。 万事つつがなく進行し、その最終日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

262 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/04/01 23:55
知り合いの話。

ボランティアで小学生ボーイスカウトを指導していた時のこと。
地元の山小屋を借りてキャンプをおこなったという。
万事つつがなく進行し、その最終日。
彼は忘れ物がないか山小屋の中をチェックしていた。
確認が終わり「もう残っている者はいないな?」と誰にともなく呼びかけた。

 いません。

か細い男の子の声が返ってき、小屋から出ようとしていた彼の足を止めた。
子供たちは皆、既に外で整列していたはず。
振り返ってみたが、誰の姿も見えなかったという。

彼は何事もなかった顔をして、引率を無事に終了した。
ただ、個人ではもうその山小屋は利用しないと決めているのだそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク