シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】ある山中の集落が生活排水処理設備を設置することになり、彼が担当になった。 メインの排水本管が埋められてしばらく後、集落から緊急の連絡が入った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

498 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/04/13 02:40 ID:Yes8pPaL
同僚の話。

ある山中の集落が生活排水処理設備を設置することになり、彼が担当になった。
メインの排水本管が埋められてしばらく後、集落から緊急の連絡が入った。

 マンホールが何箇所か失くなっている。
 危ないから至急代替品を手配してほしい。

現地に赴き確認すると、確かに五ヶ所で点検口の鉄蓋が盗まれていた。
たちまち鉄板を架けて対処し、新品を手配し直した。
出てこないとは思ったが、一応地元の警察にも届け出た。
「困ったヤツはどこにでもいるな」そう考えて終わったのだそうだ

半年経って工事が終わる頃、マンホールが発見されたとの報告を受けた。
奇妙なことに、発見された鉄蓋すべてに不思議な痕跡が残されていたという。
牛のものに酷似した大きな歯型が、何箇所も鉄を齧りちぎっていた。
以降現在に至るまで、マンホールの蓋は失くなっていないということだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク