シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】学生時代に、仲間と共によく山登りしていたという。 梅雨明けのある時、いつものようにテントを張り、酒盛りをしていた。 散々缶ビールを飲んでへべれけになってしまい、片付けは翌日ということにして早々と寝たのだそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

470 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/09/05 23:22 ID:qudfF4Sa
後輩の話。

学生時代に、仲間と共によく山登りしていたという。
梅雨明けのある時、いつものようにテントを張り、酒盛りをしていた。
散々缶ビールを飲んでへべれけになってしまい、片付けは翌日ということにして早々と寝たのだそうだ。

夜半にテントの外で音がする。
何かがゴミを荒らしていると思い、寝ぼけ眼をこすりながら外を覗く。
一メートルもある大きな蛞蝓が三匹、真っ黒な身体を波打たせていた。
蛞蝓は、ビールの空き缶の山に顔を突っ込んでいる。
慌ててテントの入り口を閉め、寝袋に潜り込んだ。
仲間は誰も目を覚まさず、ひどく心細かったという。

翌朝見てみると、空き缶はすべてクシャクシャに潰されていた。
テント周りの地面には、乾いて光る筋が何本も残されていたそうだ。

後で調べたところによると、蛞蝓は麦芽酵母の匂いに惹かれるらしい。
「あの山に行く時は、ビールじゃなくて焼酎にした方がいいですよ」
そう言う彼の言葉は、どこかポイントがずれていると私は思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク