シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】ある夜中、とてつもない悪夢に襲われた。 夢の中であるのに、実際の体温が下がっているのが判ったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

857 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/10/22 22:58:40 ID:qnb6QCKe
後輩の話。

彼のお父さんが、一人で初秋の山に入っていた時のこと。
ある夜中、とてつもない悪夢に襲われた。
夢の内容はまったく思い出せないのだが、非常に恐ろしく気持ちの悪いものであったらしい。
意識のどこかで「これは夢だ」とはっきり判っているのに、自力で覚めることが出来ず、どんどんと胸が苦しくなっていった。
夢の中であるのに、実際の体温が下がっているのが判ったという。
これは危険だ! 何とか目覚めようと苦闘していると。
唐突に、何かが空気を切り裂く音がした。続いて湿った物が地に落ちる音。
音を聞いた途端、はっきりと目が覚めた。苦しさは幻のように消えていた。
思わずテントの外を覗いたが、闇の中には何も見えなかった。

翌朝。テントの傍に奇妙な物が落ちていた。
白い破魔矢と、赤黒い柘榴の実が一つ。
柘榴は破魔矢に貫かれて、ばらばらに弾けていた。

柘榴はその場に埋めて、破魔矢は大切に持ち帰ったという。
今でも後輩の実家の神棚には、その破魔矢が大切に祀られているのだそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク