シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】小さい頃、彼はよく家の裏山で遊んでいた。 一人で遊んでいた時に、怖い思いをしたことがあるらしい。 土いじりしていると、いきなり後ろから声をかけられた。 「かくれんぼしようよ!」 驚いて振り向いたが、辺りには誰もいない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
過去の人気記事

41 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/10/30 22:55:35 ID:+novFQZk
知り合いの話。

小さい頃、彼はよく家の裏山で遊んでいた。
一人で遊んでいた時に、怖い思いをしたことがあるらしい。
土いじりしていると、いきなり後ろから声をかけられた。
「かくれんぼしようよ!」
驚いて振り向いたが、辺りには誰もいない。

それでも声は聞こえる。子供のようだ。
「最初は僕が鬼になるよ。100数えたら探すからね!」
声は一方的にそう宣言すると、数を数え始めた。
「い~ち、に~い、・・・」
軽くパニックを起こしかけたが、それでも「隠れなくては!」と強く意識した。
幸い見つかりにくそうな岩陰を知っていたので、そこに隠れたそうだ。

しばらくすると「どこにいるのかな?」と、楽しそうな声が追ってきた。
隠れている岩の前を何かが通り過ぎる。
ズンズンと重げな足音が聞こえた。
「どこ~?」という声が、異様に高い位置から降ってくる。

 僕のお父さんより、ずっと大きい!

そう気がついてしまうと、もう歯の根も合わないくらい震えがきた。
結局彼は、日が暮れて家族が探しに来るまで、隠れ場から動くことが出来なかった。
えらく怒られたそうだが、それでもホッとした気持ちの方が強かったという。

現在、彼は地元の消防団に入っており、時々行方不明者の捜索にも駆り出される。
不明者が子供だった時は「例のかくれんぼで捕まったんじゃないか?」という気がしてならないのだそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク