シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

688 :師匠と八番目の弟子 ◆JuhF/R5.eU:2010/03/10(水) 22:38:44 ID:S/Cz1WQEO
二つ目はまだ師匠と弟子の関係で、元彼と話がこじれていた時。


私はその当時、師匠から気を高めたり、色々術を習ってました。
そんな時に、祟られ屋マサさんの話(傷やシャンバラなど)を読みました。
…私にも出来るとのでは?という下心が出てきました。
とはいえ、師匠とするのは嫌(失礼…)だし…と思っていたら、そうだ、彼がいるじゃないか。
その時、話がこじれていた、元彼。
今考えれば愚かでした。色んな意味で。
まあ最後の話し合いの日、事に及びました。
結果。彼は女のように喘ぎ、二度事に及んだ後はぐったりとしていました。こんなに気持ちいいのは初めてだ、と言っていました。
その後、別れを告げたのですが…あの快感に取りつかれたのか、何度も連絡がありました…
自分が蒔いた種ですが…
その後、師匠の一喝電話により、なりを潜めましたが、油断した隙に連絡がきます。
今でも悩みの種です…むやみやたらに術を使うな、と実感した出来事でした。
余談。
師匠はスーツを着て、オールバックにしたら、その筋の方に見えます。声もドスが効いてるときが…
町中でいきなりその筋の若い人に挨拶されたり、友人にわざと挨拶されて、周りが信じてドン引き、はちょくちょくありますw師匠はその度にへこみますw
ですが、怒らせると、その筋の方より怖いです…色んな意味で。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク