シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】フロントウィンドウには大粒の雨がバチバチ音を立てているのです。その中で、見えてる人達は、さも雨が降ってないかのような立ち振る舞いなんです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

62:名無しさん@お腹いっぱい。 : 2007/06/23(土) 00:09:07 ID:

また拾ってきたw

かれこれ、15年前の今頃?だったでしょうか・・・・
当時、私は「宝塚歌劇団」のお膝元っつ~か、宝塚歌劇団の学校のまん前に住んでました(爆)
んな事はど~でも良いのですが・・・・京都の綾部に、うまいラーメン屋があるっ?って事を聞きまして、当時(今もか?)非常に身軽だった私は、現嫁とともに、愛車R32で午後2時過ぎから綾部に向かいました。
173号を北上しつつ、抜け道に入りました。 このルートは何回も行った事のあるルートで綾部方面に向かう時はいつも使う道なんですが・・・・・・・
分岐で山道に入った頃に、それまで晴天だったのが、突然夕立のような激しい雨にかわりました。
まあ、んな事は気にせずドンドン走ってました・・・・・・・・・・・・
険しい?山道を抜けると、急に開けて道沿いに数件の家が立ち並び、道の脇には幾つかの田んぼがある場所にでます・・・
ここまではいつもと同じです。
ただ、違った?のが、夕立のような大雨のなか、その一見のどかに見える田んぼや、道脇に、人が5~6人見えてました。 いえ、人がいておかしい?わけじゃないです、もちろん。
その見えている人たち・・・背負子?を背負ったお婆さん、キャッチボールをしている子供達、白い帽子、白いひらひらした服を着ている女性、田んぼで農作業している人達・・・・・
なんか、おかしい??????のです・・・・だって、R32のフロントウィンドウには大粒の雨がバチバチ音を立てているのです・・・・その中で、見えてる人達は、さも雨が降ってないかのような立ち振る舞い?なんです・・・・
そして、古い?んです・・・・キャッチボールをしている子供の服装、白い帽子、白い服を着た女性、どちらも昭和30年代な装いなんですが??????
あっけに囚われながらも、車を止めず、そのまま大雨の中の異様な風景を見ながら、その場所を通過しました・・・・・・嫁とも、無言のまま、ただ車を走らせました、まるでさっき見えてた光景が嘘?のように・・・
その場所を通過すると、また険しい山道になり、抜けるともう目的地はすぐそこです・・・
結局、大してうまくなかったラーメンを食べ、途中で買い物やらなんやらしてから帰路につきました。
もちろん、来た道と同じルートです。

 
63:名無しさん@お腹いっぱい。 : 2007/06/23(土) 00:09:57 ID:

また、山道にはいりまして、人家が見える場所まできました、時刻はすでに7時を回ってました。
そしたら、行き掛けにはなかった、「迂回路」の標識が道の真ん中に置いています????
「なんじゃコリャ??」っと思いましたが、「迂回路」と書いた道順に行くしか、進めなさそうです。
しかたないので、その看板の道順に従い車を進めましたが・・・・・
何度その道順通りにいっても、同じ所に帰ってきてしまい、先に進めません・・・・・・・・・
別に、看板に書いてある道順って、複雑な訳ではなくて、分岐点はたったの2箇所・・・・・
実際にゆ~~っくり走ってみても、示す道に分岐は2箇所しか無いのです・・・・
念のため、看板に書いてある方向と逆に走って見たりもしましたが、どの組み合わせで走ってみても、市内に戻る一方で、帰る方向になりません???
既にとっくに日は暮れて、時刻は9時を回ってました。
相当な田舎道なもんで、約1時間半以上うろうろしてるのにすれ違う車は一台もいません・・・・・・・
もう何回目だったか覚えていませんが・・・・・途中で何か不思議な感覚に襲われました。
薄暗いって事と、山の中って事で、気が付かなかったのですが、看板を置いてある付近・・・・・・数件の家の明りが見えるのですが・・・・・・・、何かおかしいのです・・・・・・・・・
今風?じゃないんです・・・明りの種類が?????
蛍光灯って、12年前でも当然普通ですよね・・・・しかし、明りが漏れてる家のその明り・・・・・
黄色いんです・・・・・白熱球みたいなんです・・・・・
嫁に、「おかしくないか?」っと聞くと、「ウチもそう思う」って言いまして・・・・
どうしたか?っていうと、看板の道順にある程度進み、途中で家の明りが見えなくなった所で、車を降りて外に出ました。
んで、私が叫びました、「ええ加減にせ~よゴラっ!!!!」って・・・・・・・・・・・・
んだら、何でかわかりませんが、道順通りに進むと、今までどうやっても同じ所に戻ってきてたのが、元来た道に出てしまい、無事に帰りつく事が出来たのですが・・・・・・・・・
未だに、あの時の光景、感覚は忘れる事が出来ずに、この時期になると思い出します・・・・・・・
いったい、何が起こっていたのでしょうか????? 信じられませんが、タイムスリップだったのでしょうか・・・

引用元:http://human7.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1181044719/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク