シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】「バッグの掃除でもするか―って思ってさ。中身を全部ぶちまけたら、畳んだメモが1枚出てきてさ…」『●●●であなたを見かけました。とても気になっています。 どうしても声をかけることが出来なかったので、こうしてメモを書きました」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

656: 1/4 投稿日:2009/06/17(水) 17:05:21 ID:Ewi2MyXg0
今でも不思議でワケわかんないんだけど、俺の幼馴染が遭遇した話を書きます。
長いです、ゴメンナサイ。幼馴染は女なので、名前は仮にA子とします。

もう5年前になるけど、A子は当時23歳だった。
そこそこ美人なんだけど、性格がかなり変わってて近寄りがたい雰囲気の女なので
当然彼氏も居なくて、俺はよく「誰かいけめんを紹介してくれ」と言われていた。

ある日、仕事から帰ってきた俺は、家の前でA子とカチあった。(家が隣同士)
いつもは軽く立ち話をするのだが、この日はA子がこんなことを話し出した。

 『今日、たまにはバッグの掃除でもするかーって思ってさぁ。
  いつも持ち歩いてるトートバッグの中身を、テーブルの上にぶちまけたの。
  まるめたゴミとか100円玉とか板ガムとかいろいろ出てきたんだけど、
  その中にさあ、なんか畳んだメモが1枚あってね。
  なんだろと思って開いたらさ…ほら、コレなんだけど読んでみ』

そう言って、1枚の紙切れを渡してきた。
何かのDVDの予約受付票(販売店とかにまとめて置いてあるやつ)の裏に、
ボールペンで雑な文字が書きなぐってあった。

 『●●●であなたを見かけました。とても気になっています。
 どうしても声をかけることが出来なかったので、こうしてメモを書きました。
 俺は20歳、××大学の学生です。顔はよくラルクのハイドに似てると言われます。
 個人的にお会いしたいです、電話かメールください。090-****-****、メルアド***@***~』

657: 2/4 投稿日:2009/06/17(水) 17:06:09 ID:Ewi2MyXg0
俺は思わず「うわキモ」と口走った。
●●●とは、近所にあるレンタルビデオ店。××大学も近所にある。
その自称ハイド君は、一切気配を悟られずにA子に忍び寄り、
肩から提げているトートバッグの中にこのメモを放り込んだのだろうということだった。

A子は、面白そうだからこれからメールしてみると言いだした。
この頃のA子はとにかく彼氏に飢えてたし、なんつうかバカだったので
こんなおかしなアプローチにもロマンスを感じてしまったんだろうと思う。
俺は別に止める理由も無いので、「どうなったか後で教えてね」と言ってその場はオシマイ。

そしてこの日から俺に、ハイド君にアクセスしたA子からの詳細メールが届いた。
ちなみに1週間でこんな感じだった↓
 「さっきメールしたよ!はいど君、照れちゃってなんかすごいかわいい感じw」
 「とりあえずメールから友達始めることになったw」
 「初めて電話した!声渋くてカッコイイ」
 「今日はすごく口説かれた、今度会ってくるかもw」

そんなこんなで、また家の前でA子とカチあった時。
ホラこれがハイド君だよー、といって携帯に送られてきたという画像を見せてきた。
でも、そこには俺が写っていた。
「は?コレ俺じゃん」と思ったんだけど、A子はハイド君だと言う。
しかも「確かにちょっとハイドに似てるでしょ」なんて言って喜んでる。
意味がわからなくて、しげしげと画面を見るんだけど、どう見ても俺の顔だと思った。
でも俺はA子の携帯に自分の画像なんて送ってないし、
そもそも俺はハイドになんて全っ然似てない。

658: 3/4 投稿日:2009/06/17(水) 17:07:37 ID:Ewi2MyXg0
ワケがわからなくなって、何だかものすごく恐くなってきたので
A子に恐る恐る「あのさ、これ俺に見えるんだけど」って聞いた。
A子はポカーンとして、「なに言ってんの。あんたじゃないでしょ、どう見ても」と言って携帯をひったくり
それに目を通した瞬間に、金切り声を上げて、携帯ぶん投げた。
あまりの勢いに俺も、どうしたよ!?おい!?ってビビってると
A子が「かおかお、顔が…」と叫んでた。
下に落ちた携帯をつまんで見てみると、男の顔がさっきと変わってた。
もう俺の顔じゃないんだけど、なんか虫唾の走ったような機嫌の悪いへんな顔になっていた。
マジですっっげえビビった。
A子が「その画像消して!はやく消して!」と喚くので、怖かったけど俺はその画像を削除した。
二人して冷や汗かきながら、「なんなのアレ」とか「いたずら画像なのか?」とかギャアギャア騒いだけど
結局「わけがわかんない」ので、気持ち悪いしこりを残したままその日は別れた。

その後、A子のところにハイド君から電話が1回だけあった。夜中に。
怖くてとらないでいたらしいのだが、何分も何分も延々と着信が続き、
恐ろしくてついに電源を落としたそうだ。
次の日の朝に電源を入れるとメールが届いていて、そこには「マタ遭おう2:30」と書いてあった。
そしてハイド君からの連絡は一切なくなった。

659: 4/4 投稿日:2009/06/17(水) 17:09:04 ID:Ewi2MyXg0
でも、話はまだ終わらない。
この騒動から1年かそこらが経ったある日に、A子がウチに転がり込んできて騒いだのだ。
なんと、バッグの中にあのメモがまた入っていたそうだ。俺も寒気を覚えた。
文面はほぼ同じで、「○○であなたを見かけて、気になったのでメモを入れた…」というものだった。
しかし今度は場所がレンタルビデオ屋ではなく、地下鉄の駅の名前。
紙は破いた手帳ノートみたいだった。
差出人は××大学の学生、自称ハイド似の20歳の男。やっぱりあいつだと思う。
もちろんA子はこれに応えなかったし、幸いそのまま何もなく無事に終わってくれた。

今でも不思議なこのメモ騒動なんだけど、
いったいなんで俺の顔だったのか、
なんでA子は俺の顔を見て「ハイド君」だと信じ込んでたのか
本当にわからない。ぜんぜん見当も付かない。
もしかして全部A子の狂言かなって思ったこともあるけど、さすがに違うと思う。
バカだけど、根本的にああいうことをするタイプの人間じゃないし…

最後に、このハイド君は「クロダ」と名乗っていた。
もしバッグの底に、自分の知らない畳んだメモがあって、
それが「クロダ」からのものだったら気をつけてください。
好奇心で連絡しちゃうと、おかしな目にあうかもしれません。

長くて本当にごめんなさい。
もしかしたらまたあるかもしれないって不安はあるんだけど、
とりあえずこれでおしまいです。

663: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/17(水) 17:47:56 ID:J6QNeO200
>>659
めちゃ怖いやんか~~~~、トイレに行けなくなちゃうよ・・・・・

664: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/17(水) 17:50:48 ID:c7WrCZVv0
>>659
きっと遠まわしに気を引きたかったんじゃないかな。

878: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 13:33:57 ID:pnS14Fc60
また会社でのぬるい話をひとつ

コンサル部の部長は時々ワープするらしい
打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと
瞬間移動できる、又は分裂して増えてる、そんな噂があった
別の課で、経理の部署にいる私には、さほど接点が無かった為
自分でワープを目撃したことは無く残念に思っていた

それでも社内で部長を見かけるたびに、気になって観察したりしていた
努力が実ったのか、唯一自分で見た時の話

経理用の伝票束を倉庫から3Fの経理まで運ぼうとした
倉庫は1Fで本来なら階段推奨なんだけど、ダンボールが結構重かったのと
台車を使う事になったので普段は使用しないエレベーターに乗ることにした
ビルは2箇所エレベーターがあって、正面にある来客用と
奥で主に社員が使う古い物
使ったのは古いほうで、狭くて大人3人くらいで息苦しくなるくらい

ビルは6F建、経理は4F、コンサルは6Fにある
古いほうのエレベーターは3階までしか動かない(理由は不明、昔からそうだったらしい
ボタンも3Fまでしかない)

879: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 13:34:58 ID:pnS14Fc60
エレベーターに乗って、ボタンを押そうとしたときに、例の部長が一緒に乗ってきた
台車と一緒に乗ると狭すぎるので、一度譲ろうとしたんだけど
部長はにっこり笑ってそのまま閉ボタンを押してしまった
おかげで部長は片足を台車の上に乗せるしかなくて、非常に申し訳なかった
エレベーターは古くて、止まる時にガタンと衝撃がある
3Fに到着して、部長を乗せたまま台車をガタンと揺らしてしまった
バランスを崩して、積んだダンボール箱が扉が開くと同時に床に転がった
あわてて先に出て、散らばった伝票束をかき集めてるうちに
部長はそのままエレベーターを閉めてしまった
これ以上、そのエレベーターは上に行けないのに、なんで降りなかったのか不思議だった

もう一つ不思議なのは、台車の上にダンボールを3箱積んでいて、その前に部長の
足があって、ダンボール支えていたはず
部長が足をどけないとダンボールは崩れないはずだった
私が降りようと「すみません」と声を掛けたときにすっとどけたのを見たんだけど

戻ると経理の課長は会議に出てて、いなかった
その会議は3ヶ月毎に行われる、全部署課長以上+営業+重役で行われるもので
もちろんコンサルの部長も出席しているはず
昼休みに営業の同期に聞くと、やっぱり部長は出席していた
一度休憩を挟んだらしいけど、私が倉庫に行っていた時間とは違う
それに重役クラスは来客用のエレベーターを使うのが常
(部長だけど外部からの引き抜きで来て貰ったため、扱いは重役レベル)

その話を同僚にして、部長増殖説のほうが有力になった

880: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 13:36:51 ID:pnS14Fc60
ぬるい話ですみません
会社は古くて、本社な為、人数はかなり居ます
人が多いとそれなりに変な話も多いのです
使っているビルがかなり古いせいか、結構色んな話があります
私の話が怖くないのは、そんな目にあったらすでに辞めているからです
在籍6年目、もう少し頑張る予定

881: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 13:50:12 ID:XEh0bdPd0

面白かった
そのドッペルもどき、いろいろ手助けしてくれているんだね
そのビルに棲みついた何かが、自分も仕事がしたくて、部長の姿を借りて現れたのかな?

882: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 14:21:47 ID:owOe6OlH0

本物の部長と成り代わる為に時々出没しては怪しまれないかテストしてるんだな

888: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 16:13:01 ID:R+r0BLqX0
878-880
面白い話だね。乙。

前に「本当にあった怖い話」だったかなにかで読んだ話を思い出したよ。
会社で働く外人さんが、ストレスを感じると増殖して
あちこちで目撃される、って内容。
最後お国に帰る時、飛行機が大の苦手だった彼を心配しながら見送る語り手。
案の定飛行機はなかなか出発しなかった・・・って話だったかな。

889: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 16:30:09 ID:Fnd2S0Cy0
いくら役員といえども自分のせいでダンボール崩れたのにシカトってひどすぎ。

890: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 16:35:36 ID:AwZIm1Dj0
>>889
いやだからそれって役員じゃなくて、ドッペルだか役員に化けた何かってことでは?
ドッペルひどいと非難するならまだ解るが

891: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 16:39:03 ID:AwZIm1Dj0
それとどうも、ドッペルのせいでダンボールが崩れたと言い難いような…
エレベータが到着して揺れた衝撃のせいだし、
ドッペルはむしろ崩れないよう押さえてくれていたような
一緒に拾ってくれなかったのがひどいとは言えるのかもしれないが
ドッペルに手伝ってもらうのも微妙

893: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/18(木) 18:01:02 ID:8oQvJisl0
>>891
扉の前に居たから、支える形になっていたってだけだろ?
それなのに崩れた。→段ボールは素通りしたのか?→私が通る時には避けてくれたよな?→あれ?

引用元:https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1244718346/l50


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク