シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老婆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

708 :師匠と八番目の弟子 ◆JuhF/R5.eU:2010/03/12(金) 19:46:20 ID:1bk4myGcO
最後の四つの話をします。
私は今入院して大部屋にいます。
今夜はその入院にからんだ話を致します。

一つめ。病院での出来事。


この病院の私がいるフロアでは、しばしば患者さんから看護士まで、消灯終えた夜中、子供がはしゃいでいるのが目撃されます。
このフロアは整形外科のみで、何かしら骨折してる方ばかりなんで、元気に子供がはしゃげる訳がないのですが。あと、はしゃいだら必ず看護士に見つかるはず。
ですが、しばしば目撃されます。必ず共通するのは、黒と白の幼い子供。私もしばしば目撃しました。
看護士さんは
『よくある事。気にするな』
と言われましたが、一度だけ異形のモノを目撃しました。
この病棟の半分以上は認知症の方々ばかりで、夜中独り言をつぶやいたり、お経を唱えたり、暴れたりは日常茶飯事です。
余りに酷いと、個室や観察室に移動させられます。
そんな中、夜中になると、
『痛みを取り除いて下さい、××大明神さま~』と、お経を唱えるお方がいらっしゃいました。
昼は痛い、痛いと四六時中おっしゃっります。
隣の軽度の認知症の方も不眠症が悪化するし、私も眠れなくなるし、看護士さんに相談して、その老婆は別室移動になりました。
ある日の夜の事。
その老婆がなんと歩いているのです。凄まじい形相で。
確かその老婆は歩けないはずなのですが…痛い痛いと繰り返していたし。
私は怖いので、そのまま無理矢理寝ました
。なかなか眠れませんでしたが…
その数日後、師匠が見舞いにきました。
その話を師匠にしたのですが、師匠はそれはおかしい、というのです。
709 :師匠と八番目の弟子 ◆JuhF/R5.eU:2010/03/12(金) 19:47:11 ID:1bk4myGcO

ちなみに、師匠もその老婆を見た事はありますが、あまり見ようとしませんでした。
この婆さんしんどい、とも言っていました。
話を戻すと、私は何故?と質問しました。もしかしたらリハビリで歩けるようになったのかな、と思っていたし。でもそれにしては早すぎるけど…
師匠が一言、ぽつりともらしました。
『その老婆とさっきすれ違ったよ。ストレッチャーにのせられて、顔にはガーゼかけられてな』
意味は分かりました。言われなくても。
では、前日見た、あの老婆はなんだったのでしょうか。
それ以降は前述の子供の霊しか見ませんでした。
ですが、これも子供の霊も含め、ここでは『よくある事』なんだと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク