シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】電車を待ってたら飛び込み自殺を目撃してしまった。本当の地獄はその後。人間の汚さ、酷さってやつに心の底から震えてしまった…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

486: 本当にあった怖い名無し 2015/03/25(水) 10:48:11.65 ID:syNKgzda0
電車で思い出した

昨年の末、地下鉄のホームで電車を待っていた
ちょうど電車が来たなーと思って電車のほうをみていたら
髪の長い女性がフラッと電車の前に飛び降りて・・・当然轢かれた
駅のホームは大混乱
何が怖かったかって、皆が死体を一目見ようと群がる連中と
後ろの方の奴は見えないから片手を高く伸ばしてスマホで写真撮ろうと必死な連中

好奇心旺盛な10代の学生やバカやってる大学生くらいまでならともかく
小さな子供でもいるであろう40代のおっさんや
会社では役員でもやってるであろう50過ぎたオッサンまで群がって
大きな輪になって手に手にスマホを掲げて死体の写真を撮っているのを見ると
ちょっと怖かったよ

あいつら、あの写真どうするんだろうな
友人や家族や職場で「死体の写真撮ったんだぜ」と自慢するんだろうか
果たして、そんなことして周囲の人間が喜ぶんだろうか
大体、自分のスマホに死体の写真入ってるって怖くないんだろうか

ちなみに20年ほど前の学生時代にも似たようなシチュエーションで飛び込み自殺みたんだが
その時はスマホがメジャーじゃなかったのと、携帯もまだカメラ搭載機種が少なかったせいか
人が大勢群がってはいたものの、写真は撮ってなかった気がする

489: 本当にあった怖い名無し 2015/03/25(水) 13:00:48.13 ID:qHYEMDCG0
>>486
世の中わからんね

2回も自殺現場に出会うってのも凄い事じゃないかね
友達にもよく自殺現場に遭遇してしまうという奴が居るよ
そいつは公園とか、森でらしい
怖いから通報せず見て見ぬフリだそうな

490: 本当にあった怖い名無し 2015/03/25(水) 14:14:10.71 ID:syNKgzda0
>>489
飛び込みは3回見たわ
中学からずっと電車通学・通勤だから見る回数多いんかと

あとついでに
友人が古いマンション三つほどもってるんだが
そのうちの一つのある部屋の自殺率が半端ないと嘆いてた
祖母の持っていたマンションを相続税節約のため世代跨いでの相続で
当時で築30年くらいといっていた物件

2DKなので、通常はファミリー世帯向けで
実際にほとんどがファミリー層が入るマンションなのに
何故かその部屋だけは単身男性ばかりが入居してくる
例えば、その自殺が多い部屋が301号室だとする
隣の302号室が空いて不動産会社通じて募集をかけると
ファミリー層からの入居希望がくるんだが
301号室があいて同じ不動産会社通じて募集をかけると
何故かファミリー層からは一切来ず、単身男性が入居希望してくる
そして、その後高確率で首吊り自殺するんだとさ
自殺しない場合は何故か1年ほどで出て行ってしまう
何度もお払いしているんだけど同じだと言っていた
何かが呼ぶんかね
俺も当時好奇心で見せてもらったけど
何てことない普通のマンションで特に暗いとか寒いとか怖いとかまったくなかった

491: 本当にあった怖い名無し 2015/03/25(水) 15:15:03.59 ID:upCQKnwx0
>>486
ああいう奴らは基本カネ目当て
いい写真がとれたら一社あたり数万
相当いい写真なら多くの報道に売れるから
素人でもその場に居合わせただけでかなり金になる

498: 本当にあった怖い名無し 2015/03/25(水) 20:40:05.70 ID:3py+dWYu0
>>491
嫌な話だね…
野次馬するだけじゃなくお金にしようと張り切ってる奴がいるのか

500: 本当にあった怖い名無し 2015/03/25(水) 20:52:19.33 ID:m6NZcjz90
>>491
中には本当に興味本位というか、ウケ狙いで撮ってる常識外れのバカもいる。
前に電車に頭ぶつけて自殺した女子高生の写メを、ブログだかツイッターだかにドヤ顔で載せてた
糞野郎がいただろ。

506: 本当にあった怖い名無し 2015/03/26(木) 03:33:55.64 ID:pLOSxsI50
>>486
あれ、不気味だよね。
画像フォルダに死体画像なんて、忌々しくて嫌だわ。しかも自殺死体とか、絶対悪い影響あるっしょ。

http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/occult/1424959780/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク