シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】あるオカルト番組のロケに同行した。最初はなんともなかったが、1週間経つとケツに違和感。そして激痛…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

729: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 14:36:10.98 ID:2sp8ffx00
昨日解決した話
自分はしたっぱながらテレビ関係の裏側職についてるんだ。
で、あるオカルト番組のロケに同行させられたわけだ。
そういうオカルトロケがあるとき、
番組側はその時のタレントが人気だったり、
番組ディレクターが他番組の掛け持ちとかしてる人だと
いわゆる霊媒師?みたいな人が同行するわけだ
その時のロケも人気タレントだったからそういう人が同行した。
話はそのロケが終わった後の話で
片付けも終わってさぁ帰ろうとなって車に乗ったら助手席にその人がいたわけだ。
挨拶して車だした後特に会話はなかったのに
急にその人が俺がロケ地のトンネルから何かつれてきてるって言い出した。
はぁ?って思って、そんなこと言うんなら祓ってくれませんかって俺が言い返した
そしたらついてきた霊は特に害のある奴じゃなくて半ば君の守護霊になってるから喜んでいいって言い出した。
喜べるわけねぇだろって内心思ってたけど金もないし何も言えず家に帰った。

730: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 14:37:59.16 ID:2sp8ffx00
数日はなんともなかったんだけど
一週間位してけつに違和感を感じ始めた
特に気にしなかったけど何か丸い物を押し付けられてる感じがした。
そして一昨日、事件は起きた
夜寝ているとけつに激痛が走った
目をさますと目の前に無表情で腰を振る男がいた。
うわぁぁぁぁぁぁぁあああって悲鳴をあげた。壁ドンが来たけどそれどころじゃない
自分が掘られているってわかると涙が出てきた。
パニックになってある言葉を大声で話した
「天におります我らが父よ、願わくば皆を崇めさせたまえ。みくにを来たらせたまえ………」
自分は高校がキリスト系の宗教学校で朝のHRで毎回言っていたから覚えてた祈りの言葉、こういう時こそと思って叫んだ
そしたら霊は悲しそうな顔して消えていった
けつから血が出てた。その日は泣いた。

そして昨日またあの人にあったからその話をしたんだ
その人いわく、最近俺が貯まってたこともあって
守護霊なりに使命感なんかから助けようとしていたらしい。
それで彼なりに考えて行動したんだと、今はもういないとも言ってた。

これで話は終わり。皆もそういうところに行くときはけつに気を付けるんだぞ!

742: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 17:07:03.44 ID:wRUFm2kC0
>>741
具体的で怖みが増したよ
お祓いの塩をしっかりとな勿論中にもだw

745: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 18:09:35.44 ID:5DA6lrOP0
>>742
やめろww

735: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 15:33:40.56 ID:bH+KrLzw0
いい加減病院池って

737: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 15:44:37.78 ID:2sp8ffx00
>>735
病院いってきたよ
お薬と薬の塗り方教えてもらって帰ってきた

738: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 16:07:22.56 ID:EnDFCb3K0
>>737
行ったのかよwww

736: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 15:42:20.57 ID:QviKT4KD0
一生懸命な守護霊ワロタww
本人からしたら怖いよなあでもよかったなお礼ちゃんとしなよ

740: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 16:14:31.72 ID:7Yl+k5De0
守護霊がロケ地のトンネルにいたってーの?

741: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 16:35:09.09 ID:2sp8ffx00
>>740
トンネルにいた幽霊の一人で
憑かせてもらう代わりに守る感じ?だって言ってた

743: 本当にあった怖い名無し 2015/02/12(木) 17:25:47.04 ID:QviKT4KD0
なんで掘ることが貯まってたものを放出するって意味なんだって一瞬考えてしまったwww
変に真面目な守護霊だなwww

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1417788066/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク